キヤノン、操作系を一新した「PIXUS」秋モデル

MG8130

9月上旬より順次発売
価格:オープンプライス



 キヤノンは、インクジェット複合機/プリンタ「PIXUS」シリーズの2010年秋モデルを、9月上旬より順次発売する。価格はすべてオープンプライス。

Intelligent Touch System

 複合機の「MG」シリーズの上位2モデルでは、操作系やUIを一新し、新たに静電式のタッチセンサーを採用するとともに、メニューのアイコンに、より直感的なものを採用し、操作性を向上させた。タッチセンサーについて同社では「Intelligent Touch System」と呼んでいる。

 また、無線LANによる接続は、従来のAOSS、WPS、WCN、手動設定に加えて、新たにらくらく無線スタートをサポートした。ソフトウェアも強化し、付属のソフトで動画からシーンを切り出して印刷できる「動画印刷」機能をサポートした。

 デザインは、「ブラック&ボックス」をコンセプト、鏡面仕上げで濃い黒を基調としたものにした。静電式タッチセンサーとあわせて、継ぎ目のないシームレスなデザインを実現したとしている。

 いずれの製品も、対応用紙はA4〜A5、レター、リーガル、封筒、はがき、L判/2L判、六切など。給紙枚数は後トレイ/給紙カセット各150枚(MP280のみ後トレイのみで100枚)。

●インクジェット複合機

 複合機は、搭載機能や印刷エンジン、スキャンエンジンの違いで合計5モデルが用意される。

 最上位の「MG8130」は、印刷最高解像度が9,600×2,400dpiで、6色独立インク、最小インク量1pl、自動両面印刷、DVD/CDラベル印刷機能、カメラダイレクト機能、カードダイレクト機能、IrDA赤外線印刷、4,800dpiのCCDスキャナセンサー、フィルムスキャン機能、3.5型のTFT液晶、静電式タッチセンサー、インターフェイスにUSB/Ethernet/IEEE 802.11b/g/n対応無線LANを搭載し、店頭予想価格は4万円前後の見込み。本体サイズは470×392×199mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約10.7kg。

 主力モデルの「MG6130」は、MG8130からスキャナをCISセンサー、液晶を3型に変更し、フィルムスキャン機能を省略。店頭予想価格は3万円前後の見込み。MG6130のみ本体色がシルバーのモデルが用意される。本体サイズは470×368×173mm(同)、重量は約9.2kg。

MG6130 ブラックモデル MG6130 シルバーモデル

 「MG5230」は、MG6130からインクを5色、スキャナを2,400dpiのCISセンサー、液晶を2.4型に変更し、EthernetとIrDA赤外線を省略。店頭予想価格は25,000円前後の見込み。本体サイズは455×368×160mm(同)、重量は約8.1kg。

 「MG5130」は、MG5230からスキャナを1,200dpiのCISセンサーに変更し、DVD/CDラベル印刷機能と無線LAN機能を省略。店頭予想価格は2万円前後の見込み。本体サイズはMG5230に準じ、重量は約7.8kg。

 最下位の「MP280」は、印刷最高解像度が4,800×1,200dpiで、4色インク、最小インク量2pl、1,200dpiのCISスキャナセンサー、7セグメントLEDを搭載し、店頭予想価格は1万円前後の見込み。液晶や自動両面印刷、カードダイレクトなどを省いている。本体サイズは450×335×153mm(同)、重量は約5.5kg。

MG5230 MG5130 MP280

●インクジェット単機能機
iP4830

 「iP4830」は、複合機のMG5230のエンジンをほぼ引き継ぐインクジェット単機能プリンタ。店頭予想価格は15,000円前後の見込み。

 印刷解像度は9,600×2,400dpiで、5色独立インク、最小インク量1pl、自動両面印刷、DVD/CDラベル印刷、カメラダイレクト機能などを搭載する。インターフェイスはUSB。本体サイズは431×297×153mm(同)、重量は約5.7kg。


(2010年 8月 30日)

[Reported by 劉 尭]