HP、シリーズ最軽量で299ドルのミニノート「Mini 110」
〜WXGA液晶や、動画再生支援チップも搭載可能

Mini 110 (Black Swirl)

5月27日 発表



 米Hewlett-Packard(HP)は27日、同社ミニノートシリーズで最軽量となる1.06kgを実現した「Mini 110」を発表した。アジア太平洋地域での発売は、ブラックモデルが5月28日、ホワイトおよびピンクモデルが6月30日。最小構成での価格は299ドル。

 天板に微細な渦巻きの絵柄が描かれた外観デザインは従来の「Mini 1000」シリーズなどと共通だが、カラーバリエーションにピンクが追加。筐体は変更されており、若干厚みが増したものの、重量は1,060gと若干軽量化された。

 日本での価格は未定だが、最小構成で299ドルという価格も大きな特徴。また、BTOに対応し、ネットブックとしては幅のある構成となっている。具体的には、CPUはAtom N270(1.60GHz)/N280(1.66GHz)、メモリは1GB/2GB、ストレージは16GB SSD/32GB SSD/160GB HDDあるいは8GB SSD/64GB SSD/250GB HDD、液晶は1,024×576ドット/1,366×768ドット表示対応LEDバックライト10.1型。

 ただし、メモリ2GBおよび8GB SSD/64GB SSD/250GB HDDは「HP Mobile Internet Edition」と呼ばれる独自のLinux専用で、ULCPC版Windows XPではこれらは選べない。

写真では分かりづらいが天板には渦巻きが描かれている 本体正面 本体背面。これは6セルバッテリをつけたところ
本体右側面 本体左側面 フルサイズに近いキーボードデザインは従来通り

 さらにこれ以外のオプションで、無線WAN、USB Bluetoothドングルのほか、動画の再生支援を行なうBroadcom Crystal HD Enhanced Video Acceleratorを搭載できる。

 このほか、無線でデスクトップPCなどとデータの同期ができるソフトウェア「Syncables」が付属する。

 固定の仕様として、Intel 945GSE Expressチップセット(ビデオ機能内蔵)、IEEE 802.11b/g無線LAN、Ethernet、SDカード/MMC/メモリースティック(PRO)/xD-Picture Cardスロット、USB 2.0×3、Webカメラ、ミニD-Sub15ピン、音声入出力を装備。

 本体サイズは172×261.5×26.3〜32.7mm(幅×奥行き×高さ)。バッテリは3セルか6セルのリチウムイオン。

White Swirlモデル そのキーボード面 ULCPC版XPモデルでも高解像度液晶が選択できるようだ
新しいPink Chicモデル そのキーボード面 3モデルを並べたところ

(2009527日)

[Reported by 若杉 紀彦]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.