Click


元麻布春男の週刊PCホットライン

MSとLogitechを行き来するマウス遍歴


●キーボードほどのこだわりはないが……

 先週、キーボードの話をしたら、編集部から「じゃあマウスはどうなんですか」とのツッコミを受けた。正直に言うと、マウスについてはキーボードほどの「こだわり」を持っていない。これは、筆者の商売がテキストの生成にある、ということと無縁ではない。「商売道具」と言えるのは、やっぱりキーボードであって、マウスはあくまでも補助なのである(イラストレーターなら逆かもしれない)。

 もう1つ、マウスに対してキーボードほどのこだわりを持てないのは、筆者にとってマウスが消耗品であるからだ。先週述べたように、筆者は今も10年近く前のキーボードを使っている。ちょっとキースイッチが渋くなり始めているとはいえ、立派な現役だ。だが、10年前のマウスが使えるかというと、残念ながらそうはいかない。マウスの耐用年数は、それほど長くないからだ。

●ケーブル劣化がマウスの寿命

 マウスがなぜ使えなくなるのか。それはボタンの数が少なかったり、スクロールボタンがなかったり、といった仕様の問題でもなければ、ドライバサポートの問題でもない。筆者がマウスを交換する最大の理由は、ケーブルの経年変化だ。ワイヤレスマウスでない限り、マウスには必ずケーブルがついてくる。このマウスケーブルが経年変化で固くなり始めると、マウスの動きにクセがついたようで、もうそれだけでイヤになってしまう。

 人によっては、マウスボタンのレスポンスやマウスボールの追随性が劣化することでマウスを交換するようだが、筆者にとってはこのケーブルこそ、最大のマウス交換要因ということになる。だいたい、1〜2年程度で次のマウスに交換する、というのが通常のパターンだ。ならば、ケーブルのないワイヤレスマウスならもっと長持ちするのではないか、というのは誰しも考えるところ。筆者も、Logitechのワイヤレスマウスを3〜4モデルは買っていると思うが、もう1つしっくりとこないでいるのが実情だ(昔に比べれば格段に良くなっているとは思うが)。

 では、ケーブルのついたマウスなら、どんなマウスでも良いか、というと、実はそんなこともない。これは、筆者の偏見も多分に含まれているのだが、筆者が購入するのはMicrosoftかLogitechどちらかのマウスだけで、それ以外のマウスを購入することはない(ノートPC用の超小型タイプ等を除く)。
 両社のマウスを購入する理由は、マウスそのもののデキもあるが、ドライバサポートも重要なポイントである。2社のマウスは、いずれの点でも安心して使える(ただし、最近のLogitech MouseWareは、Webブラウザへの連携など、だんだん過剰になりつつあると思っている)。

 ついでに、今も筆者の手元に残る古めのマウス(さすがにキーボードほどものもちが良くない)と、今仕事に使っているマウスなど、何点か紹介しよう。


●筆者手持ちのお宝マウス

Microsoft Mouse 2.0
 Microsoft Mouse 2.0は、個人的には最も愛着のあるマウスだ(金属ボールに緑ボタンの初代は、さすがに好きではなかった)。日本製もあったように思うが、写真のマウスにはMade In USAと書かれている。マウスボタンの精緻なクリック感は、この次のいわゆる「なすびマウス」の比ではないと思う。なすびマウスへモデルチェンジした際には、安っぽくなったなぁとがっかりしたものだ。


なすび形になった「Microsoft Mouse」
 そのなすびマウス以来、PCのマウスは手のひらをベッタリと乗せて使うスタイルが普通になってしまったが、この当時はマウス本体を親指と薬指、小指の3本で支えるスタイル(人差し指は左ボタン、中指は右ボタンの上にそっと置く)が普通であった。ほかのマウスに比べ、ちょっと重い重量感も、筆者には高級に感じられ好きだった。なおこのMicrosoft Mouse 2.0、今でも使用することは可能だが、さすがに高解像度で使うには、分解能の不足が否めない。もちろんケーブルの経年変化も進んでおり、現役復帰は難しいが、記念に1台残してある。


 Logitech Mouseは、3ボタンマウスとしては、割と古いタイプのものだと思う(このワイヤレスタイプも持っていた)。Microsoft Mouse 2.0に比べると、全体に安っぽいのだが、中央ボタンが便利で、一時期、愛用していた記憶がある。この次の逆三角形タイプ(こちらはワイヤレスタイプ)も含め、結構な数を購入したように思う。


Logitechの3つボタンマウス Logiechの3つボタンワイヤレスマウス Intelli Mouse

 Logitech製の3ボタンマウスから、IntelliMouseに乗り換えたのは、ドライバサポートの問題があったような記憶があるが、今ではハッキリと覚えていない。また、ドライバサポートだけでなく、やっぱりスクロールボタンが便利だった、ということも間違いない。最初はこんなもの、と思っていても、しばらく使っているうちに、中指がスクロールボタンを探すようになるのである。Microsoftにしてやられたようで、悔しかったことを今でも覚えている。このIntelliMouseのUSB版は、WinHECのアンケートプレゼントでもらったものだ。


MouseMan+
 MouseMan+は、今筆者が仕事マシンで使っているマウスだ。親指のところにある4番目のボタンは、筆者はCtrlキーエミュレーションにあてている(要するにここを押しながらクリックすることで、複数ファイルの選択を行なう)が、スクロールボタンほどの中毒性は感じられない。そろそろマウスケーブルに経年変化の兆しが感じられるため、替え時だろう。まだ箱に入ったままのIntelliMouse Explorerもあるから、次に仕事マシンを更新する際(おそらくWindows MEのタイミング)は、まずこれを試してみることになりそうだ。


 ちなみに、このMouseMan+は、確かアメリカに取材旅行に行った際、Fry's Electronicsかどこかで購入したものだと思う(同様に、ここで紹介したマウスの多くは個人輸入したものである)。マウスなんて同じものが日本でも買えるのではないか、と言われるかもしれないが、どうも国内モデルと米国モデルでは、ケーブルの長さが違う(米国モデルの方がケーブルが長い)ように思えてならない(機会があれば、同時期に日本とアメリカで同じマウスを買って、実測してみたい)。PCを床置きしている筆者は、できればマウスケーブルに余裕が欲しいため、時々米国モデルのマウスを購入している。USBマウスならHubを手元におけば、長いケーブルは要らないだろうが、今のところPS/2が主力なのだ。

バックナンバー

(2000年8月2日)

[Text by 元麻布春男]


【PC Watchホームページ】


ウォッチ編集部内PC Watch担当pc-watch-info@impress.co.jp