最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

Intel、Nehalem EPことXeon 5500番台を発表
〜2 CPUで16コアを実現

3月31日(現地時間)発表



 米Inetlは30日(現地時間)、サーバー/ワークステーション向けクアッドコアCPU「Xeon 5500番台」を発表した。

 これまで「Nehalem EP」のコードネームで呼ばれてきたCPU。その名の通り、デスクトップ向けのCore i7と同じNehalemアーキテクチャを採用。Hyper-Threading技術により、1 CPUで8コア相当となり、デュアルプロセッサでは1システムで16コアを実現できる。

 CPU内蔵メモリコントローラはRegistered DIMMとUnbuffered DIMMの両方に対応し、トリプルチャネル×3で1 CPUあたり9本まで、最大144GBのDDR3を搭載できる。メモリクロックは、上位CPUでは最大1,333MHzだが、搭載本数が増えるにつれ800MHzにまで下がる。

 組み合わせるチップセットはTylersburg-36D(IOH)+ICH10で、36レーンのPCI Express Gen2と6レーンのPCI Express x1に対応。IOHを2基搭載することもできる。

 そのほかの主立った仕様はCore i7と同様で、CPUバスは「Quick Path Interconnect (QPI)」を採用し、周辺温度など一定の条件を満たす場合に、一部あるいは全てのコアのクロックを規定よりも上げるTurbo Boost Technologyや、コア毎にパワーゲートを実装し、アイドルコアの電力をほぼゼロにまで下げるIntelligent Power機能などを搭載する。

□Intelのホームページ(英文)
http://www.intel.com/
□ニュースリリース(英文)
http://www.intel.com/pressroom/archive/releases/20090330corp_sm.htm
□ニュースリリース(和文)
http://www.intel.co.jp/jp/intel/pr/press2009/090331.htm
□製品情報(英文)
http://www.intel.com/products/processor/xeon5000/
□関連記事
【2008年11月18日】「Core i7はインテル史上最高のプロセッサ」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/1118/intel.htm

(2009年3月31日)

[Reported by wakasugi@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c)2009 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.