最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

富士通、HDD事業を東芝へ譲渡
〜メディア製造は昭和電工へ

2月17日 発表



 富士通株式会社は17日、HDD事業を株式会社東芝に譲り渡すことで基本合意したと発表した。

 合意に基づき、譲渡対象の事業を今後設立される新会社に移管し、東芝が約80%の株式を取得することで、グループ傘下に置く。譲渡後一定期間は富士通が20%未満の株式を所有するが、その後は東芝が新会社を100%子会社にする予定。

 今回譲り渡す事業の対象範囲は、HDD事業の開発/製造/販売部門、HDDの製造拠点、HDD設計/開発/品質保証部門、HDD技術開発部門、海外販売拠点など。HDD用ヘッドおよびメディア事業を除くすべてが東芝に譲り渡たされることになる。

 これにより、東芝はノートPC/車載/携帯端末向け小型HDDの事業をさらに強化し、トップシェアのベンダーを目指す。同時に、富士通の強みであったサーバーやエンタープライズ向けHDD事業も、今後シェアの拡大を目指す。さらに、東芝のNAND型フラッシュメモリ技術と富士通のエンタープライズHDD技術を融合させ、サーバー向けの高性能SSDの開発を進める。

 また、HDD向け部品業界との連携をさらに強め、コスト低減および新技術の開発の加速を図るとしている。

 東芝は今回の事業統合により、2015年にはHDD市場全体において20%以上のシェアを目指すとしている。

 一方、HDメディア事業については、昭和電工株式会社に譲渡することで基本合意した。2009年3月末に最終契約を締結する。

 富士通は6月末までに新会社を設立し、山形富士通が営むメディア事業を新会社に継承させた上で、富士通が保有する全株式を昭和電工に譲渡する予定。

 これにより、昭和電工は開発と事業競争力を強化し、世界最大のメディア外販メーカーの地位を強める。

□富士通のホームページ
http://jp.fujitsu.com/
□ニュースリリース
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2009/02/17-1.html
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2009/02/17-2.html
□東芝のホームページ
http://www.toshiba.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.toshiba.co.jp/about/press/2009_02/pr_j1701.htm
□昭和電工のホームページ
http://www.sdk.co.jp/
□ニュースリリース(PDF)
http://www.sdk.co.jp/aa/data/news/2009/1035.pdf
□関連記事
【1月27日】富士通、HDD用ヘッド事業を3月末に終息
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2009/0127/fujitsu.htm
【1月14日】富士通、東芝へのHDD事業売却についてコメント
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2009/0114/fujitsu.htm

(2009年2月17日)

[Reported by ryu@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c)2009 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.