最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

PFU、HHK最上位機種初の日本語配列モデル

日本語配列モデル 白

11月14日 発売

価格:オープンプライス



キー配列

 株式会社PFUは、コンパクトキーボード「Happy Hacking Keyboard(HHK)」の最上位機種「Professional2」に日本語配列モデルを追加した。発売は14日だが、すでに受注を開始している。

 カラーは白と黒で、価格はオープンプライス。直販サイトでの価格は各24,990円。また、白と黒のキートップセットも直販のみで用意される。価格は各4,900円。

 HHKは、コンピュータのプロフェッショナルに向けた製品で、最小限に切り詰めたコンパクトな大きさと、良好なキータッチを特徴とする。なかでもProfessoinalシリーズは、英語配列のみで、カーソルキーがなく、古典的なエディタを使うユーザーや、ワークステーション端末に慣れたユーザーに支持されている。

 日本語配列モデルはJIS配列69キーで、キートップにカナは刻印されていない。また、Professionalの特徴である、静電容量無接点式の高品質キースイッチ、19.05mmのフルサイズキーピッチ、4mmのキーストローク、押下圧45g、Windows/Macintosh両対応などの仕様を継承している。

日本語配列 黒モデル

 HHKでは、下位機種のLiteシリーズには日本語配列モデルが用意されており、もっと品質の高い日本語配列キーボードが欲しいという要望が多く寄せられたことから、今回の日本語配列モデルが製品化された。

 ただし、Professionalの日本語配列は、Liteの日本語配列とは異なる。Liteでは、一回り小さな独立したカーソルキーがあるが、Professionalでは、カーソルキーの大きさも通常キーと同じで、かなの「ろ」キーと右SHIFTキーの間に「↑」キーが入る形になっている。ろの横にSHIFTがないと困るユーザーには、ディップスイッチの設定で、「↑」をSHIFTキーとして設定することもできる。ただし、この場合「←↓→」の各キーはカーソルキーではなく、「DEL」や「Ctrl」キーに割り当てられる。

 また、機能面でも英語配列版Professional2が内蔵していたUSB Hubが省略されるなど、異なる部分がある。

 本体サイズは294×110×39.9mm(幅×奥行き×高さ)、重量は520g(ケーブルを除く)。USBケーブルは着脱式で1.8mのものが付属する。

ディップスイッチによって、カーソルキー部分は手前側の刻印の機能に切り替わる キートップセット 白 キートップセット 黒

□PFUのホームページ
http://www.pfu.fujitsu.com/
□ニュースリリース
http://www.pfu.fujitsu.com/news/2008/new081110.html
□製品情報
http://www.pfu.fujitsu.com/hhkeyboard/hhkbprojp/
□関連記事
【2006年3月16日】PFU、USB 2.0 Hub内蔵の高品位コンパクトキーボード
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0316/pfu.htm
【2003年4月24日】PFU、静電容量無接点方式を採用した
「Happy Hacking Keyboard Professional」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2003/0424/pfu.htm

(2008年11月10日)

[Reported by date@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c)2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.