最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

ソニー、「VAIO type S/N/F」の新モデル

VAIO type S

10月4日より順次発売

価格:オープンプライス



 ソニーは、ノートPC「VAIO type S/N/F」の新モデルを10月4日より順次発売する。価格はオープンプライス。

●VAIO type S

カスタマイズモデルのスパークリンクピンク

 13.3型モバイル「VAIO type S」は、7月発表の「VGN-SR70B/S」を継続。その下位モデルに「VGN-SR51B/S」(スターシルバー)、「VGN-SR51B/P」(サクラピンク)を追加し、10月4日に発売する。店頭予想価格は15万円前後の見込み。

 主な仕様は、CPUにCeleron 575(2GHz)、メモリ2GB、HDD 160GB、チップセットにIntel GL40 Express(ビデオ機能内蔵)、DVDスーパーマルチドライブ、1,280×800ドット(WXGA)表示対応13.3型ワイド液晶、OSにWindows Vista Home Premium、Office Personal 2007を搭載。

 インターフェイスはUSB 2.0×2、IEEE 1394(4ピン)、ExpressCard/34スロット、Ethernet、IEEE 802.11b/g/nドラフト対応無線LAN、Bluetooth 2.1+EDR、ミニD-Sub15ピン、SDカード/MMCスロット、メモリースティック(PRO/デュオ)スロット、131万画素Webカメラ、FeliCaポート、指紋センサーなどを装備。

 バッテリ駆動時間は約4時間。本体サイズは約315×233.8×24.9〜34mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約1.92kg。

【お詫びと訂正】初出時、写真の本体色を誤って記載しておりました。お詫びして訂正いたします。

□製品情報
http://www.vaio.sony.co.jp/Products/SR2/

●VAIO type N

VAIO type N

 15.4型ノート「VAIO type N」の新モデルは、10月11日発売。Centrino2を採用して基本性能を向上させ、上位モデルでBD-ROM/DVDドライブを搭載した。

 上位モデル「VGN-NS70B/W」の店頭予想価格は16万円前後の見込み。主な仕様は、CPUにCore 2 Duo P8400(2.26GHz)、メモリ2GB、HDD 250GB、チップセットにIntel GM45 Express(ビデオ機能内蔵)、BD-ROM/DVDコンボドライブ、WXGA表示対応15.4型ワイド液晶、OSにWindows Vista Home Premium、Office Personal 2007を搭載。

 下位モデル「VGN-NS50B/W」「VGN-NS50B/L」は、光学ドライブをDVDスーパーマルチドライブに変更し、店頭予想価格は15万円前後の見込み。

 インターフェイスはUSB 2.0×4、IEEE 1394(4ピン)、ExpressCard/34スロット、IEEE 802.11a/b/g/nドラフト対応無線LAN、Gigabit Ethernet、FeliCaポート、SDカード/MMCスロット、メモリースティック(デュオ/PRO)スロット、ミニD-Sub15ピン、音声入出力などを備える。

 バッテリ駆動時間は約3時間。本体サイズは約360×270×31.4〜38mm(同)、重量は約2.9kg。

□製品情報
http://www.vaio.sony.co.jp/Products/NS1/

●VAIO type F

VAIO type F

 1,600×900ドット表示対応16.4型ワイド液晶を搭載する「VAIO type F」は、7月発表の夏モデルの上位2モデルを一新し、10月4日に発売する。新モデルでは、x.v.Colorに対応したほか、HDD容量を強化した。下位モデル「VGN-FW30B」は継続。

 上位モデル「VGN-FW71DB/W」は、地上デジタルTVチューナ2基、HDD 320GBを搭載し、店頭予想価格は23万円前後の見込み。

 中位モデル「VGN-FW51B/W」は、上記から地デジチューナ×2を省き、HDDを250GBに変更したモデルで、店頭予想価格は21万円前後の見込み。

 そのほかの仕様は共通で、CPUにCore 2 Duo P8400、メモリ2GB、チップセットにIntel PM45 Express、GPUにATI Mobility Radeon HD 3470(256MB)、Blu-ray Discドライブ、OSにWindows Vista Home Premium、Office Personal 2007を搭載。

 インターフェイスはUSB 2.0×3、IEEE 1394(4ピン)、ExpressCard/34スロット、IEEE 802.11a/b/g/nドラフト対応無線LAN、Gigabit Ethernet、Bluetooth 2.1+EDR、SDカード/MMCスロット、メモリースティック(デュオ/PRO)スロット、131万画素Webカメラ、FeliCaポート、HDMI出力、ミニD-Sub15ピン、音声入出力などを備える。

 バッテリ駆動時間は約3時間。本体サイズと重量は、VGN-FW71DB/Wが約384×261×29〜42mm(同)、約3.2kg、VGN-FW51B/Wが約384×261×29〜37mm(同)、約3.1kg。

 カスタマイズモデルでは、1,920×1,080ドット(フルHD)液晶や、ATI Mobility Radeon HD 3650などを選択できる。

□製品情報
http://www.vaio.sony.co.jp/Products/FW2/

●VAIO type Z/BZ

 13.1型モバイル「VAIO type Z」は7月発表の夏モデルを継続するが、カスタマイズ項目が追加された。新たにSSD 256GB(128GB×2、RAID 0)が選択可能になり、さらに、SSD 256GBを搭載すると、光学ドライブにBDドライブを搭載できる。また、7,200rpm HDDの320GBも追加された。

 15.4型のビジネス向けノート「VAIO type BZ」は、カスタマイズ項目にCeleron 575や、Windows Vista Home Basicが追加され、より安価な構成を選択可能になった。また、法人販売のみとなるが、Windows Vista Businessのダウングレード権を使用し、Windows XP Professionalの代行インストールを行なって出荷可能になった。

□ソニーのホームページ
http://www.sony.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.vaio.sony.co.jp/Info/2008/products_0930.html
http://www.vaio.sony.co.jp/Biz/Info/2008/products_0930_biz.html
□関連記事
【7月16日】ソニー、Centrino2搭載の13.3型ノート「VAIO type S」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/0716/sony2.htm
【7月16日】ソニー、1,600×900ドット表示の16.4型ノート「VAIO type F」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/0716/sony3.htm
【4月15日】ソニー、スペックを強化した「VAIO type C/N」夏モデル
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/0415/sony.htm

(2008年9月30日)

[Reported by yamada-k@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c)2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.