最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

バッファローとエルピーダ、DDR3で世界最速級2,400MHz動作を実現

DDR3試作モジュール

9月25日 発表



エルピーダの1Gbit DDR3 SDRAM

 株式会社バッファローエルピーダメモリ株式会社は25日、DDR3の試作モジュールで世界最速クラスとなる2,400MHz動作を実現したと発表した。

 バッファローが試作したのは、エルピーダの1Gbit DDR3 SDRAM(転送速度2.5Gbps)を搭載したDDR3 SDRAM DIMM。これを両社で共同評価し、サンプルへとフィードバックすることでDRAM特性を改善。動作電圧2.1Vで2,400MHz動作(PC3-19200)を実現した。レイテンシは11-11-11-34。標準的な1.5Vでは2,096MHzで動作し、レイテンシは9-10-9-24。

 両社はこの共同評価体制により、量産化へ向けさらなる高速化、低電圧化を推進していくとしている。

□バッファローのホームページ
http://buffalo.jp/
□ニュースリリース
http://buffalo.jp/products/new/2008/000817.html
□エルピーダメモリのホームページ
http://www.elpida.com/ja/
□関連記事
【8月12日】エルピーダ、世界初の2.5Gbps DDR3 SDRAMを開発
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/0812/elpida.htm

(2008年9月25日)

[Reported by matuyama@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c)2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.