最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

Matrox、新ビデオカード「Matrox M-Series」を発表

M9140 LP PCIe x16

6月25日 発表



 加Matrox Graphicsは25日(現地時間)、マルチディスプレイ向けのビデオカード「Matrox M-Series」(以下、Mシリーズ)を発表した。2008年第3四半期に出荷する予定。

 Mシリーズは、ビデオメモリ512MBを搭載し、4画面表示が可能なビデオカード。対応OSはWindows XP/Vista/Server 2003/同2008。対応APIはOpenGL 2.0。VistaのAero(WDDMモード)もサポートする。PCとの接続インターフェイスはPCI Express。

 対応ディスプレイの解像度や、デジタル/アナログ接続の違いなどで5モデルが用意される。アナログ出力の最大解像度は共通で2,048×1,536ドット。冷却はいずれもヒートシンクのみのファンレス仕様。

 「M9140 LP PCIe x16」は、LowProfileに対応し、ブラケット部にKX-20コネクタを装備。付属のKX-20→DVI-I×4変換ケーブルで、デジタル4画面を構築できる。デジタルの最大解像度は1画面当たり1,920×1,200ドット(WUXGA)。接続はPCIe x16。価格は599ドル。

 「M9125 PCIe x16」は、デュアルリンクDVI対応のDVI-I×2を装備。最大2,560×1,600ドットのデジタル2画面に出力できる。接続はPCIe x16。価格は399ドル。

 「M9120 PCIe x16」は、M9125をシングルリンクDVIにしたモデルで、デジタルWUXGAの2画面に対応する。価格は259ドル。

M9125 PCIe x16 M9120 PCIe x16

 「M9120 Plus LP PCIe x16」は、LowProfileに対応し、ブラケットにLFH-60コネクタを装備。付属の変換ケーブルでDVI-I×2の出力ができる。デジタルの最大解像度はWUXGA。また、別売のケーブル(99ドル)でアナログ4画面の出力も可能。接続はPCIe x16。価格は329ドル。また、同仕様/同価格で接続インターフェイスがPCIe x1の「M9120 Plus LP PCIe x1」も用意される。

M9120 Plus LP PCIe x16 M9120 Plus LP PCIe x1

□Matrox Graphicsのホームページ(英文)
http://www.matrox.com/
□ニュースリリース(英文)
http://www.matrox.com/graphics/en/press/releases/2008/corpo/mseries/
□製品情報(英文)
http://www.matrox.com/graphics/en/products/graphics_cards/m_series/m9120pciex16/
http://www.matrox.com/graphics/en/products/graphics_cards/m_series/m9125pciex16/
http://www.matrox.com/graphics/en/products/graphics_cards/m_series/m9120pluslpx16/
http://www.matrox.com/graphics/en/products/graphics_cards/m_series/m9120pluslpx1/
http://www.matrox.com/graphics/en/products/graphics_cards/m_series/m9140lppciex16/
□関連記事
【2007年10月17日】Matrox、10Wのファンレスビデオカード「Millennium P690」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2007/1017/matrox.htm

(2008年6月26日)

[Reported by yamada-k@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c)2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.