最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

AMD、12コアOpteronなどサーバーロードマップを更新

5月7日(現地時間) 発表



 米AMDは7日(現地時間)、サーバー&ワークステーション向けCPU「Opteron」のロードマップを更新、2010年までのスケジュールを公開した。

 2008年後半には、45nmプロセスによる「Shanghai」(シャンハイ:コードネーム)を量産開始する。CPU間の接続をHyperTransport 3.0に強化し、共有L3キャッシュを2MBから6MBに増量、さらに、コアとIPC(instruction-per-clock)の性能向上が施される。

 2009年後半には新たに、現行と同じソケットで6コアを内蔵する「Istanbul」(イスタンブール:同)を計画。これまでのロードマップでは、8コア/4コアでDDR3をサポートする「Montreal」(モントリオール:同)が予定されていた。

 そして2010年前半に、“第3世代Opteron”と「Socket G34」プラットフォームが予定されている。Socket G34プラットフォームはDDR3をサポート、チップセットはRD890となる。CPUは、6コアを内蔵し、コア数に合わせてデザインされたHyperTransport 3.0リンクを加えた「Sao Paulo」(サンパウロ:同)、12コアで同等の機能を追加した「Magny-Cours」(マニクール:同)を計画する。

 新たに追加されたCPUのコードネームも、同社がサーバー&ワークステーションCPUに使っているF1都市名を継承している。

□AMDのホームページ(英文)
http://www.amd.com/
□ニュースリリース(英文、PDF)
http://www.amd.com/us-en/assets/content_type/DownloadableAssets/Roadmap_Update_Fact_Sheet_Final.pdf
□関連記事
【2007年12月27日】【海外】Bulldozerが後退したAMDのロードマップの意味
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2007/1227/kaigai410.htm
【2007年9月28日】AMDとフェラーリに見る、現代F1とIT業界の深い関係
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2007/0928/yajiuma.htm

(2008年5月8日)

[Reported by yamada-k@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c)2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.