最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

NEC、オンデマンドなPC/コンテンツを提供する「Lui」
〜玉木宏「出先からの写真整理に便利」とアピール

NECパーソナルプロダクツ 高須英世氏(左)と玉木宏氏(右)

4月24日 発売

価格:オープンプライス



Luiシリーズ
 NECとNECパーソナルプロダクツは、オンデマンドなPCとコンテンツを提供するソリューションとして、ホームサーバーとリモートPCを組み合わせた「Lui(ルイ)」シリーズを4月24日より発売する。価格はオープンプライス。

 Luiは家庭内のメディアをホームサーバーで一元管理し、ホームネットワーク内で自由に楽しめるようにする“コンテンツオンデマンド”を実現する。さらに、小型軽量な端末「PCリモーター」をターミナルとして、家庭内ネットワークやインターネットを通じてホームサーバーを操作可能にすることで、PCオンデマンドを実現する。この2つを目的として、NECが開発したサーバークライアントタイプのソリューションだ。

 ハードウェアは、ホームサーバーとなる「Lui SX」に、PCリモーターとしてノートPC型の「Lui RN」かスマートフォン風のポケットタイプ「Lui RP」を組み合わせる。

 ホームサーバーは、PCとデジタル放送のHDDレコーダを独立して搭載し、録画時にもPCのパフォーマンスが低下せず、同時に信頼性も高めたという。また、3波対応チューナと地デジチューナを1基ずつ搭載し、地デジ2番組同時録画/再生に対応する。PCリモーターとの接続には、専用のLSIを開発して搭載(リモーターサーバーボード)。リモートデスクトップのようなコマンドの送受信ではなく、画面をエンコードして動画として転送することで、汎用性を高めている(リモートスクリーン機能)。

Lui SX Lui RN(手前)とLui RP(右奥) VALUESTAR R Luiモデル

●ハードウェア仕様と価格など

 Lui SXは2モデルを用意し、上位モデル「SX700/1G」はCore 2 Duo T7200(2GHz)、2GBメモリ、320GB HDD、ATI Mobility Radeon HD 2600、BDドライブ、Windows Vista Home Premium(SP1)、レコーダ用HDD 1TBを搭載する。直販価格は379,890円。下位モデル「SX500/1G」は上位モデルから光学ドライブをDVDスーパーマルチドライブに、レコーダ用HDDを500GBに変更したモデル。直販価格は329,910円。

 ワイヤレスキーボードとマウス、リモコンが付属。ディスプレイとの接続用にHDMIを備える。本体サイズは430×360×180mm(幅×奥行き×高さ)。

Lui RN

 Lui RNは、1,280×768ドット表示対応の10.6型ワイド液晶を搭載したノートPCタイプの端末。JIS標準配列の85キーキーボードと、スティック型ポインタ+2ボタン+スクロールボタンを備える。OSにWindows CE 5.0、CPUにDaVinci TMS320DM6446を搭載する。直販価格は89,880円。インターフェイスとして、IEEE 802.11b/g対応無線LAN、USB 2.0×2、Ethernet、SDカードスロット(SDHCとSDIOは非対応)、CF+(Type 2)、音声入出力などを備える。駆動時間は同様に約4.6時間。本体サイズは258×199×15.8〜23.9mm(同)、重量は約649g。

Lui RP

 Lui RPは、800×480ドット表示対応の4.1型タッチパネルとQWERTYキーボードを搭載したスライド式端末。OSにWindows CE 5.0、CPUにDaVinci TMS320DM6441を搭載する。直販価格は49,980円。インターフェイスとして、IEEE 802.11b/g対応無線LAN、USB 2.0、SDカードスロット(SDHCとSDIOは非対応)、CF+(Type 2)、音声入出力(平型10ピン)などを備える。無線LANでリモートスクリーンを接続した場合の駆動時間は約5.4時間。本体サイズは142×80×22mm(同)、重量は約249g。

 このほか、リモーターサーバーボードを搭載したスリムタワー型のデスクトップPCとして、「VALUESTAR R Luiモデル」を同時発売。Core 2 Duo E4500(2.2GHz)、2GBメモリ、320GB HDD、GeForce 8400 GS、DVDスーパーマルチドライブなどを搭載し、最廉価構成で直販価格は213,528円より。1,440×900ドット表示対応19型液晶ディスプレイが付属する。

●新事業確立をと意気込むNEC

 15日には発表会を開催し、新製品を大々的にアピールした。

 まず、NECパーソナルプロダクツ 代表取締役社長 高須英世氏は、NECは常に新しいPCの利用シーンを提案してきたが、今回はコンテンツの一元管理と利用シーンの拡大を掲げ、これまでコンセプト発表などを行なってきたことを紹介。ユーザーから好評だったのはもちろん、パートナー企業からも好評で、22社からの賛同を得たとアピールする。

NECパーソナルプロダクツ 高須英世氏 賛同した22社

 それを受けて、同社 ユビキタス事業開発本部長 栗山浩一氏は、パートナー企業との連携により、コンテンツとPCのオンデマンドの充実を図り、Luiワールドを拡大していく方針を語った。株式会社KOUZIROと株式会社マウスコンピューターは、NECパーソナルプロダクツからリモーターサーバーボードとPCリモーターの提供を受け、デスクトップPCとの組み合わて販売するなど、商品化の意向を表明している。

 また、賛同したサプライ/ペリフェラル各社は、PCリモーター用ケース(ミヤビックス)、USBキーボード(エレコム)などを展示。DLNA非対応のTVでも録画コンテンツを再生可能にするネットワークメディアプレーヤー「LT-H90WN」(バッファロー)との利用提案なども行なった。

NECパーソナルプロダクツ 栗山浩一氏 パートナー各社と協力してLuiワールドの拡大を図る ミヤビックスのPCリモーター用ケース
バッファローの「LT-H90WN」 エレコムの「キーボード」

 同社は販売目標として、2008年度はサーバーとリモーターのセットで50,000台の販売を見込む。3年後には20万台の販売を目指すという。高須氏は「NGNの時代のスタートやWiMAXなど、ワイヤレスブロードバンドの時代が接近しており、さまざまな携帯端末が登場するだろう。今後のモバイル用途を考えると、LuiはPCの使い勝手を広げるし、ケータイとも共存していく。将来的にはケータイにこういった機能を搭載することもあり得る」と展望を語った。

 またLuiは、通常のPC事業ではなく、ユビキタス事業開発本部を作って管理しているという。新しい利用シーンを創造する事業として位置づけ、その確立を目指す。

 そのほか、CMに出演し、Luiのイメージキャラクターとなった玉木宏氏も出席。「外出先から写真を整理できるのが便利。自宅のデータがそのまま使えるのがいい」とオンデマンドなPCとコンテンツの利用に期待を寄せた。

Luiのイメージキャラクターとなった玉木宏氏 トークセッションの様子 フォトセッションより

□NECのホームページ
http://www.nec.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.nec.co.jp/press/ja/0804/1502.html
□関連記事
【2007年12月4日】NEC、オンデマンドPC/コンテンツを実現するホームサーバー/クライアント「Lui」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2007/1204/nec.htm
【2007年10月2日】【CEATEC 2007】NEC、デスクトップ送信型のホームサーバーシステム
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2007/1002/ceatec02.htm

(2008年4月15日)

[Reported by matuyama@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c)2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.