最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

CeBIT 2008現地レポート【Intelマザーボード編】

未発表チップセット「Intel 4シリーズ」が多数展示
〜メインストリーム向けのP45/G45などが中心

Intel P45チップセットのMCH

会期: 3月4日〜9日(現地時間)

会場: 独ハノーバー市ハノーバーメッセ(Hannover Messe)



●PCI Express 2.0サポートのメインストリーム向け「Intel 4シリーズ」

Intel G45搭載製品ではHDMI端子を装備する製品も多い

 2006年のIntel 965チップセット、2007年のIntel 3シリーズチップセットと、Intel製の未発表チップセットを搭載したマザーボードが、まずCebitで披露され、6月の台湾で正式発表、という流れが2年連続で続いていた。その流れを踏襲するかのように、今年のCebit会場でもIntelの未発表チップセットを搭載したマザーボードが多数展示されている。

 展示されたのは、Intel P45/G45などの「Intel 4シリーズ」チップセットで、「Eaglelake」のコードネームで開発が進められ、今年第2四半期の投入が予定されているものだ。

 メインストリーム向け製品として展示されているのは、Intel P45、G45、Q45、P43、G43の5モデルで、Intel P45/P43以外はグラフィック統合型チップセットとなっている。また、サウスブリッジは新登場のICH10シリーズが組み合わせられている。

 Intel 3シリーズチップセットとの大きな違いは、PCI Express 2.0のサポートである。Intel 3シリーズチップセットでは、ハイエンド向けのIntel X38ではPCI Express 2.0がサポートされているが、メインストリーム向け製品はPCI Express 1.1サポートに留まっていた。Intel 4シリーズチップセットは、ハイエンドからメインストリームまでがPCI Express 2.0サポートとなるわけだ。

 また、PCI Express x8×2によるCrossFireもサポートする。搭載製品もCrossFireに対応した製品が多いが、廉価モデルではPCI Express x16スロットを1基しか備えないものもある。

 そのほか、FSBは1,333MHzまでのサポートであるが、非常に多くの製品が1,600MHzまでの対応を謳う。Core 2 Extreme QX9770などの製品を独自にサポートするであろうことも予想され、高い性能を持つ環境にも利用されることになりそうだ。

 メモリは、DDR3-1333のほか、DDR2-800もサポートする。実際の展示製品もDDR3対応、DDR2対応の両方が存在している。また、こちらもオーバークロック動作によるDDR3-1600やDDR2-1066への対応をアピールする製品が多い。

 このほか、グラフィック統合型モデルのグラフィックコアも変更される。Intel G45には「Intel GMA X4500HD」、Intel G43には「GMA X4500」が統合されていることが明記されている。Intel G45のGMA X4500HDでは、Blu-ray Disc/HD DVDなどのHDコンテンツ再生のアクセラレーション機能が実装されているとのことで、AMDのUniversal Video DecorderやNVIDIAのPureVideo HDに近いものが実装されているのだろう。

 出力周りも強化されており、HDMI端子を備える製品も多い。また、J&W Technologyからは“DisplayPort Ready”を謳った製品も登場している(ただし当該製品にコネクタは実装されていない)。

 Intel Q45搭載製品では、「Intel Danbury Technology」をサポートする旨の紹介も行われている。企業向けプラットフォームであるvProの機能で、ハードウェアによる暗号化サポートを実現する機能だ。

 以下、各チップセットを搭載する製品を写真で紹介する。


●Intel P45

abitのP45+ICH10R搭載製品「IP45 GT3」。1,600MHz FSB、DDR3-1600をサポートする abitのP45+ICH10R搭載製品「IP45 Pro」。1,600MHz FSB、DDR2-1200をサポートする abitのP45+ICH10搭載製品「IP45」。1,600MHz FSB、DDR2-1066をサポートする

ASUSTeKのP45+ICH10R搭載製品「Maximus II Extreme」。同社のゲーマー向けブランドに属する製品で、1,600MHz FSB、DDR3-1600への対応を謳っている ASUSTeKのP45+ICH10R搭載製品「P5Q WS」。1,600MHz FSB、DDR2-1200への対応を謳う。ワークステーション用途へ向けた製品で、PCI-Xを搭載するのも特徴 ASUSTeKのP45+ICH10R搭載製品「P5Q3 Deluxe/WiFi-AP」。やはり1,600MHz FSBとDDR3-1600に対応
ASUSTeKのP45+ICH10R搭載製品「P5Q Deluxe」。1,600MHz FSB、DDR2-1066をサポート ASUSTeKのP45+ICH10R搭載製品「P5Q-E」。1,600MHz FSB、DDR2-1066をサポート。P5Q Deluxeとの違いはオンボードLinux OSがExpress Gate “Lite”である点など ASUSTeKのP45+ICH10搭載製品「P5Q」。ICH10を採用した同社製品の最廉価モデルとなるが、やはり1,600MHz FSB、DDR2-1066をサポートしている

ASUSTeKのP45+ICH10搭載製品「P5QC」。DDR2×4スロット、DDR3×2スロットのコンボ製品で、DDR2-1066、DDR3-1333に対応する BIOSTARのP45+ICH10R搭載製品「TPower I45」。1,600MHz FSB、DDR2-1066をサポート BIOSTARのP45+ICH10搭載製品「TP45D2-A7」。1,600MHz FSB、DDR2-1066をサポート

DFIのP45+ICH9R搭載製品「LanParty UT P45-T3R」。1333MHz FSB、DDR3-1333をサポート。PCI Expresss x16スロットを3つ備えるのが特徴 DFIのP45+ICH9R搭載製品「LanParty DK P45-T3R」。1333MHz FSB、DDR2-800をサポート ECSのP45+ICH10搭載製品「P45T-A」。1333MHz FSB、DDR2-800をサポート
FOXCONNのP45+ICH10R搭載製品「DigitalLife ELA」。1333MHz FSB、DDR2-1066をサポート。IDT製のスイッチチップを利用したPCI Express x16×3スロットを備える FOXCONNのP45+ICH10R搭載製品「P45A-S」。1,600MHz FSB、DDR2-1066をサポート。メモリは最大16GBまで搭載可能 FOXCONNのP45搭載製品「F1」。Ultra ATXという同社独自のフォームファクターに準拠し、やはりIDTのスイッチチップを併用することでPCI Express x16×4スロットの構成となるのが特徴
GIGABYTEのP45+ICH10R搭載製品「GA-P45-DS4」。1,600MHz FSB、DDR2-1200をサポート。PCI Express x16スロットを3つ備える GIGABYTEのP45+ICH10R搭載製品「GA-P45-DS3R」。1,600MHz FSB、DDR2-1200をサポート J&W TechnologyのP45+ICH10R搭載製品「JW-IP45-EXTREME」。Bluetoothアダプタをオンボード搭載する

JetwayのP45+ICH10搭載製品「HI04」。1,600MHz FSBをサポート。DDR2/DDR3両対応製品で、DDR2-800×4スロット、DDR3-1066×2スロットの構成。NVIDIA SLI対応とするが詳細は不明(間違いである可能性が高い) JetwayのP45+ICH10搭載製品「I45P-SG」。1333MHz FSB、DDR2-800をサポート

MSIのP45+ICH10R搭載製品「P45 Diamond」。DDR3-1333をサポート。FOXCONN製品と同じく、IDT製スイッチを利用したPCI Express x16×3スロットを備える MSIのP45+ICH10R搭載製品「P45D3 Platinum」。DDR3-1333をサポート MSIのP45+ICH10R搭載製品「P45 Platinum」。P45D3 PlatinumのDDR2対応版
MSIのP45+ICH10搭載製品「P45 Neo3」。1333MHz FSB、DDR2-800をサポート。PCI×4本の構成も特徴 MSIのP45+ICH10搭載製品「P45 Neo」。DDR2をサポートする同社製P45搭載品の最廉価モデル


●Intel G45

ASUSTeKのG45+ICH10R搭載製品「P5Q-V HDMI」。1,600MHz FSB、DDR2-1066をサポート。ミニD-Sub15ピンとHDMI端子を備える。展示されたG45搭載製品では唯一、ATXに準拠 ASUSTeKのG45+ICH10R搭載製品「P5Q-EM HDMI」。P5Q-V HDMIのmicroATX版となり、1,600MHz FSB、DDR2-1066サポート、HDMI端子装備などは共通 ECSのG45+ICH10搭載製品「G45T-M」。1333MHz FSB、DDR2-800(最大16GB)をサポート。ミニD-Sub15ピン、DVI、HDMI端子を備える

FOXCONNのG45+ICH10R搭載製品「GREEN ELMG」。G45では珍しいDDR3対応製品で、DDR3-1600までサポート。1,600MHz FSBにも対応。D-Sub15ピン、HDMIを備える FOXCONNのG45+ICH10R搭載製品「G45M-S」。1,600MHz FSB、DDR3-1600(最大16GB)をサポート。D-Sub15ピン、HDMIを備える GIGABYTEのG45+ICH10R搭載製品「GA-G45M-DS2H」。1,600MHz FSB、DDR2-1200をサポート。ミニD-Sub15ピン、DVI、HDMI端子を備える

J&W TechnologyのG45+ICH10搭載製品「JW-IG45-MX」。1,600MHz FSB、DDR2-1200をサポート MSIのG45+ICH10搭載製品「G45M」。今回のCebit会場でIntel G45を利用したライブデモを実施していたのは、本製品のみである


●Intel Q45

ECSのQ45+ICH10DO搭載製品「Q45T-M」。Danbury TechnologyやIntel AMTをサポート。ディスプレイ出力はD-Sub15ピンとDVIを備える

●Intel P43

abitのP43+ICH10搭載製品「IP43」。ローエンド製品となるが、1,600MHz FSBやDDR2-1066をサポートしている

●Intel G43

ECSのG43+ICH10搭載製品「G43T-M」。1333MHz FSB、DDR2-800をサポート。ディスプレイ出力はD-Sub15ピンが実装されている FOXCONNのG43+ICH10搭載製品「G43M-S」。1333MHz FSB、DDR2-1066をサポート FOXCONNのG43+ICH10搭載製品「G43M-K」。1333MHz FSB、DDR2-1066をサポート。G43M-Sとはサウンド出力周りなどが異なる


●Intel X48搭載製品も多数。発表は間近か?

 Intel 4シリーズチップセットの最上位モデルであるIntel X48 Expressに関しては、すでに存在が12月に公表されている。

 このチップセットを搭載した製品も多く展示されており、ハイエンド向け製品らしく大型のチップセットクーラーを備える製品が目立つ。また、ほとんどの製品が2基以上のPCI Express x16スロットを備えているのが大局的な製品傾向といえる。

 また、ASRockとMSIのブースでは、DDR3スロット×4本、DDR2スロット×2本という構成のコンボ製品も展示されている。また、GIGABYTE、ASUSTeK、J&W TechnologyではDDR2 SDRAMモデルを展示。DDR2モジュールの安価さに対するニーズが依然として根強いことを感じさせる。

 ちなみに、このIntel X48。いまだ正式発表はされていない。展示したベンダーのブーススタッフによれば、今月中には発表できるだろう、としており、そう遠くない将来に登場することになりそうだ。

Intel X48チップセットのMCH abitのX48+ICH9R搭載製品「IX48-MAX」。形状のインパクトは小さいが、かなり大きいファン付きチップセットクーラーを搭載している AlbatronのX48+ICH9R搭載製品「PX48」。DDR3-1600サポート製品

ASRockのX48+ICH9R搭載製品「X48TurboTwins-WiFi」。DDR3-1600対応スロット×4+DDR2-1066対応スロット×2の構成。専用の無線LANカードが付属する ASUSTeKのX48+ICH9R搭載製品「Rampage Formula」。同社のゲーマー向けブランドR.O.G.シリーズにラインナップされる製品で、DDR2-1200対応スロットを装備 ASUSTeKのX48+ICH9R搭載製品「P5E64 WS Evolution」。DDR3-1800をサポート。PCI Express x16スロットを4基備える、うち2基はx4レーンのスロット。SASカードなどを搭載するためのものだ
ASUSTeKのX48+ICH9R搭載製品「P5E3 Premium/WiFi-AP@n」。DDR3-2000動作をサポート DFIのX48+ICH9R搭載製品「LanParty UT X48-T3R」。チップセットとVRM部にThermalright製ヒートシンクを採用 DFIのX48+ICH9R搭載製品「LanParty DK X48-T2R」。こちらはDFI独自のノースブリッジ+VRMクーラーを搭載

ECSのX48+ICH9R搭載製品「X48T-A」DDR3-1600サポート製品。 GIGABYTEのX48+ICH9R搭載製品「GA-X48T-DQ6」。DDR3-1900をサポート GIGABYTEのX48+ICH9R搭載製品「GA-X48-DQ6」。こちらはDDR2-1200サポートモデル

J&W TechnologyのX48+ICH9R搭載製品「JW-X48D3-EXTREME」。DDR3-1800をサポート。ほかに、DDR2-1200対応モデルの「JW-X48D2-EXTREME」も製品紹介パネルのみが展示されている MSIのX48+ICH9R搭載製品「X48 Platinum」。DDR3-1600サポート製品。チップセットクーラーの形状は同社製品でおなじみのもの MSIのX48+ICH9R搭載製品「X48C Platinum」。DDR3-1600対応スロット×4、DDR2-1066対応スロット×2のコンボ製品

□CeBITのホームページ(英文)
http://www.cebit.de/
□関連記事
【2007年12月10日】【多和田】1,600MHz FSBに対応する
「Core 2 Extreme QX9770」&「Intel X48 Express」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2007/1210/tawada120.htm

(2008年3月6日)

[Reported by 多和田新也]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c)2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.