最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

マイクロソフト、Windows XP向けにIE7を13日より自動配信
〜IE6の継続も可能

インストールを促す画面。この画面でインストールする/しないを選択できる

2月13日 開始



 マイクロソフト株式会社は、Windows XP向けのInternet Explorer 7(IE7)を、自動更新の対象として、2月13日以降より配信開始する。

 Windows XP向けのIE7は2006年11月にリリースされていたが、自動更新の対象にはならず、ユーザーが手動でインストールする必要があった。

 自動更新の対象となることで、2月13日以降、Windows XPでまだIE7をインストールしていないマシンに対して、通常の自動更新と同様に「更新の準備ができました」というバルーンメッセージが表示され、これをクリックするとIE7をインストールするかどうかを確認する画面が表示されるようになる。

 通常の自動更新と異なるのは、この時点で自動的にインストールするのではなく、ユーザーに対してインストールの確認画面が表示される点。この画面で「インストールしない」を選択すれば、そのままIE6を使い続けられる。また、IE7をインストールした場合でも、アンインストールしてIE6に戻すことが可能。

 「インストールしない」を選択した場合、IE7へのアップグレードを促すインストーラ画面は自動更新によって表示されることはないが、IE6に搭載されている新バージョンのチェック機能をONにしている場合は、低確率で表示されることがある。

 なお、IE6は2009年まで製品サポートの対象となっているほか、2014年まではセキュリティアップデートの対象にもなっているが、IE7で搭載されているフィッシングサイト警告機能の搭載や操作面の改良などは行なわれないため、マイクロソフトは更新を推奨している。

 英語版IE7は、2006年11月より自動更新の対象となっていたが、日本国内ではオンラインバンキングなどをはじめとする一部Webサービス対応が進まなかったため、自動更新を遅らせた。今回多くのサイトでIE7への対応が完了したことで、自動更新の開始を決定したという。

□マイクロソフトのホームページ
http://www.microsoft.com/japan/
□告知ページ
http://www.microsoft.com/japan/ie7
□ニュースリリース
http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=3344
□関連記事
【2007年12月19日】マイクロソフト、Windows XP SP3候補版を一般公開
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2007/1219/ms.htm
【2006年11月2日】マイクロソフト、Internet Explorer 7日本語版を公開
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/1102/ms.htm

(2008年2月4日)

[Reported by ryu@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c)2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.