最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

【やじうまPC Watch】
“ツンデレワンセグ”が9月28日に発売、価格は1万円台前半

9月28日 発売

価格:オープンプライス



SEGNITY
 イー・レヴォリューション株式会社株式会社タカラトミーは、ツンデレ仕様のボイスナビゲーション機能をしたワンセグ視聴端末「SEGNITY」を9月28日に発売すると発表した。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は12,800円〜14,800円程度の見込み。

 SEGNITYは、2006年1月の「TOYフォーラム2007」において、タカラトミーが発表し、9月発売をアナウンスしていたが、開発が難航し一時開発停止に。その後、イーレボリューションが発売元となり、7月に発表会を開催して9月下旬に発売するとアナウンス。今回、ついに発売日を決定した。

 ユーザーの使用に応じて、音声ガイドがツン→ツンデレ→デレと3期にわたって変化する「ツンデレボイスナビゲーション」機能を搭載したワンセグ視聴端末。一例として、電源を切る場合には、「べ、別にさみしくなんかないんだからね!!」などの反応から、使い込むにつれて「そっ、しょうがないわね、さようならっ!」、「えー帰っちゃうの?」のように3段階に変化していく。同様に、しばらく利用していないとデレからツンへと状態が戻って行くという。標準のボイスは声優の釘宮理恵さんが担当。

 加えて、10月28日には専用カスタマイズソフトをダウンロードにて提供。画面ON/OFF時やチャンネル操作時など計11操作×3段階の音声と、チャンネル選局中に表示する画像を変更可能になり、ユーザーはオリジナルワンセグTVの作成が可能になるとしている。

 主な仕様は、液晶ディスプレイが320×240ドット(QVGA)表示対応の2.7型、ロッド型アンテナ、0.3Wのモノラルスピーカーを備える。本体サイズは99×22×61mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約90g。バッテリは単4電池×4で、連続視聴時間は約3時間。USBからの給電に対応する。

 インターフェイスはステレオミニジャック、USBポート、miniSDカードスロット、外部アンテナ接続用ミニジャックを備える。専用スタンドが付属する。本体色はブラックとクールグレイの2色を用意。

□イー・レヴォリューションのホームページ
http://www.e-revolution.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.e-revolution.co.jp/news/pre_070920.html
□タカラトミーのホームページ
http://www.takaratomy.co.jp/
□製品情報
http://www.e-revolution.co.jp/zakka/segnity/
□関連記事
【9月20日】ツンデレワンセグテレビのデレデレしてみる(AV)
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20070920/erevo2.htm
【やじうまPC Watch】「べ、別にさみしくなんかないんだからね!!」“ツンデレワンセグ”発売決定
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2007/0725/yajiuma.htm
【7月25日】ツンデレワンセグTV「SEGNITY」が進化して再登場(AV)
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20070725/erevo.htm

(2007年9月20日)

[Reported by matuyama@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c)2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.