最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

ソニー、PS3の「Cell」製造ラインを東芝に売却へ

売却が報じれた長崎県諫早市の製造施設

9月18日 発表



 ソニーは18日、日本経済新聞が15日付で報道した「先端半導体 ソニーが生産撤退 ゲーム機用MPU設備 東芝に1000億円で売却」の記事についてのコメントを発表した。

 この記事は、長崎県諫早市にある、PLAYSTATION 3(PS3)のCPU「Cell」などを含めた半導体製造ラインを、ソニーが東芝へ2008年春にも1,000億円近くで売却する、と報じられたもの。

 ソニー広報のコメントは「システムLSIの生産設備を株式会社 東芝へ売却するとの報道ですが、弊社が発表したものではありません。本件について具体的に決定した事実はありません。」としている。

 このコメントから、東芝と交渉を行なっている可能性が高いと推測される。


 諫早市の製造施設はこれまで、Cellだけでなく、PlayStation 2用チップ(EE+GSほか)や、デジタルカメラ用CCDなどを製造。所有会社はソニーセミコンダクタ九州だが、2004年5月まではソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)が所有していた。この施設には2003年以降、65nmプロセス対応のため約1,300億円を投じている。

 2003年4月、SCE Fabだったこの施設への65nm対応の投資を発表。当時の久夛良木ソニー副社長は、「ゲーム機ビジネスではファブレスが主流だったが、必要な半導体を内製することで、半導体のシュリンクを早い頻度で行なうなど、アグレッシブな展開を図ることができた」と述べていたが、コストや製造量など、その内製のメリットを失うことになる。

 さらにソニーは、45nmプロセス以降への投資は「慎重に検討する」としたほか、NECエレクトロニクス、東芝と共同で行なっていた45nmプロセス技術の開発から離脱。これにより、ソニーによる45nmプロセスの量産は事実上なくなっていた。

□ソニーのホームページ
http://www.sony.co.jp/
□東芝のホームページ
http://www.toshiba.co.jp/
□関連記事
【4月9日】ソニー、東芝/NECエレとの半導体共同開発から離脱(AV)
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20070409/sony2.htm
【2004年5月11日】ソニー、SCE Fabをソニーセミコンダクタ九州に統合
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/0511/sony2.htm
【2004年2月2日】ソニー、65nm対応の半導体設備に約1,200億円の追加投資
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/0202/sony.htm
【2003年4月21日】ソニー、65nm対応の半導体設備を導入。3年間で2,000億円の投資
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2003/0421/sony1.htm

(2007年9月18日)

[Reported by yamada-k@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c)2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.