最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

マイクロソフト、Windows XP OEMライセンスを2008年1月31日に終了
〜DSP版は2009年1月31日まで

Windows XP


 マイクロソフト株式会社は22日、Windows XPのOEMライセンスについて、2008年1月31日をもってPCメーカーへの出荷を停止すると発表した。

 同社のWindowsデスクトップ製品ライフサイクルに基づき、Windows Vista発売後1年が経過するため、Windows XP Home Edition、Professional、同Tablet PC Edition、同x64、Media Center Editionのすべてが出荷停止。同日をもって、各PCメーカーのXP搭載機の生産も終了する。

 なお、正規代理店を通じたXPのDSP版販売は2009年1月31日まで継続する。また、ライセンス提供終了後も、2009年4月まではメインストリームサポート、2014年4月までは延長サポートが提供される。

 また、互換性を重視する企業内システムでの導入を考慮し、Windows Vistaのダウングレード権が用意されている。このため、Vista BusinessとUltimateを搭載したPCについてはXPへ、Vistaのボリュームライセンスについては95/98/NT 3.5/NT 4.0/2000/XPへダウングレードすることができる。

□マイクロソフトのホームページ
http://www.microsoft.com/japan/
□Windowsデスクトップ製品ライフサイクル
http://www.microsoft.com/japan/windows/lifecycle/
□関連記事
【1月25日】マイクロソフト、XP Home/MCEのサポートを2014年4月まで延長
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2007/0125/ms.htm

(2007年8月22日)

[Reported by ryu@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c)2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.