最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

パナソニック、世界初のノンカートリッジ4倍速追記型BDメディア
〜4倍速対応のドライブユニットも

「LM-BR50LD」

7月25日より順次発売

価格:オープンプライス



「LM-BR25LD」

 パナソニックは7月3日、世界初となるノンカートリッジ型の4倍速Blu-ray Discメディア「LM-BR25LD」(1層/25GB)、「LM-BR50LD」(2層/50GB)を発表した。

 発売時期は、BR25LDが7月25日、BR50LDが9月25日。価格はともにオープンプライスで、店頭予想価格はそれぞれ1,700円、4,000円前後の見込み。

 世界初の4倍速のPCデータ記録用Blu-ray Disc。1層目記録膜/中間層/2層目記録膜/透明カバー層を0.1mmの間で積層し、高感度記録特性と高光透過性を兼ね備えた2層目記録膜を均一な厚みで積層することにより、2層で50GBの4倍速メディアを実現した。

 記録速度は、DVDの12倍速書き込み(最大144Mbps)に相当し、従来の2倍速Blu-ray Discと比較して約2分の1の時間で記録できるとしている。

 また、独自開発した高感度の相変化記録膜を採用することにより、1〜4倍速の記録速度で広いパワーマージンを実現。ドライブの記録パワーにばらつきが生じた場合でも記録品質を保つことができるという。

 このほか、無機系の相変化記録膜の採用により、従来製品にあった太陽光線による記録膜の劣化が少なくなり、繰り返し再生/長期間保存に優れるとした。さらに、新成膜工法による低エラーレート、ハードコートの採用による傷に強い構造なども特徴としている。

LM-BR50LDのパッケージ LM-BR25LDのパッケージ

 また同日、4倍速の書き込みに対応したドライブユニットを開発したと発表した。PC用ドライブとしての展開は現在検討中としている。

 青紫色レーザーは低いパワーではノイズが高くなる特性を持つため、再生時にはパワーを高くする必要があるが、信号を再生するためには弱いパワーを照射しなければならなず、レーザーからディスクまでの光伝達効率を低く抑えることが求められている。

 そこで、同ユニットのピックアップに光伝達効率を適正に切り替えるフィルタを採用し、低ノイズパワー領域を有効に活用することで、2層4倍速に必要なパワーを、180mWから現在2層2倍速で一般的に使われている130mWに低減できたという。

 また、記録の歪みを検出し、その歪みが最小となる光パルス波形を自動的に検索し決定するレーザー制御技術を採用。さまざまな環境変化に対応し、高品質な記録を実現した。再生時も歪み部分を検出して自動補正し、あらかじめ容易された波形データパターンに最も近い波形データを、最終的に複号データとして複号化処理を行なう技術を採用することで、再生性能を向上させたとしている。

□パナソニックのホームページ
http://www.panasonic.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn070703-1/jn070703-1.html
http://www.panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn070703-2/jn070703-2.html
□関連記事
【4月21日】松下、2層50GB書き込み対応の内蔵型Blu-ray Discドライブ
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0421/pana.htm

(2007年7月3日)

[Reported by ryu@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c)2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.