最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

Appleの開発者会議「WWDC 2007」が11日開幕
〜 次期OS“Leopard”の全貌が明らかに

会期:6月11日〜15日(現地時間)

会場:San Francisco「Moscone Center West」



開幕前日の日曜日には入場証のピックアップが開始された。参加者はパスポートなど写真入りの身分証明書を提示して、WWDC 2007の入場証を受け取る

 米Appleが次期OSや関連する技術情報などを開発者向けに開示するWWDC(Worldwide Developers Conference:世界開発者会議)が、6月11日(現地時間)から米国サンフランシスコで開幕する。オープニングの基調講演は、今年もスティーブ・ジョブズCEOを中心に行なわれる。講演の開始時刻は、11日午前10時(日本時間12日午前2時)。

 今年の注目は次期OSの“Leopard”だ。Leopardは開発コード名で、バージョンとしては「Mac OS X 10.5」にあたるが、10.3のPantherあたりからは製品出荷後も通称や愛称として一般的に使われるケースが増えている。

 同社は昨年のWWDC時点では今春としてきたLeopardの出荷スケジュールを、10月へと延期している。理由として挙げられたのが、6月29日から米国で出荷がはじまるiPhoneに開発リソースをとられたというものだった。昨年の基調講演ではトップシークレットとされていた未公開の機能を含めたLeopardの全貌は、今年の基調講演で明らかになる。基調講演の終了後には、そのPreview版が参加者に提供される見込みだ。

 基調講演においてLeopard、iPhone以外で何らかのサプライズがあるとすれば、やはりハードウェアに関するものだろう。Appleの噂系情報を扱うサイトなどではiMacのリニューアルや、SSDを搭載するウルトラポータブルを期待する声があがっている。

 iMacに関して言えば、現行デザインになってから間もなく3年、Intel CPUとなって1年半が経過する。確かにデザイン面を含むフルチェンジが行なわれてもいい時期ではある。先週開催されたCOMPUTEX TAIPEIでは、Intelから3シリーズのチップセットが正式に発表された。また、45nmプロセスルールに基づく新CPU、Penryn(開発コードネーム)の投入も近づいており、これらが次期iMacのキーコンポーネントとなるのは想像に難くない。

 『最上位モデルにQaudコアを搭載。All New iMac』などというコピーはいかにもありそうなシナリオなれど、その舞台は残念ながらこのWWDCではないと思われる。何よりWWDCは開発者向けのイベントで、過去にコンシューマ向けの製品が発表されたことは稀である(初代iMacの初公開は'98年のWWDCだが、これはデザインと製品コンセプトとしての紹介)。またウルトラポータブルに関しては、こちらはまだSSDの価格的な問題や関連する各種デバイスの開発状況を考慮すれば、仮にそうしたコンセプトがあったとしても製品としては時期尚早という感がある。

 何よりAppleとしても、Windows VistaがMicrosoftが期待するほどの成果をあげていないと思われる今こそ、Leopardへの注目を集めたいところだ。最近MacBookやMacBook Proの製品リリースを矢継ぎ早に行なったのも、WWDCからLeopardとiPhone以外の要素を極力排しておきたいという思惑によるものと考える。

 開幕前日の日曜日にはレジストレーション(登録作業)が開始された。カウンターのある1階フロアには2つのバナーと1つの大型の立て看板が設置されていたが、いずれもすでに公開された状態になっている。昨年のように、黒幕で隠されたバナーは存在しない。

 WWDCへの参加費用は1人あたり1,595ドル(ただし参加者の多くは早期申し込みによる割引制度を利用しているため1,295ドル)で、この価格はOSのβ版をはじめとする各種配布物やカンファレンスバッグはもちろん、会場内で自由にとることができる朝昼食、スナックやドリンクなどが含まれたものだ。AirMac(AirPort)による無線LANや、Ethernetの接続ポートなど高速のネットワーク接続環境も会場内で提供されている。

 昨年は開催時期が夏の海外旅行シーズンに重なったことで日本からの参加者には辛い状況となっていたが、今年はほぼ通常期にあたる。Bootcampや、Parallelsをはじめとする仮想化環境の充実でMacプラットホーム開発者以外からの注目も高まっており、日本からの参加者も昨年以上の数が見込まれる。

 5日間にわたるWWDCの中心となる数々のセッションは、参加者と同社の間でNDA(Non Disclosure Agreement:機密保持契約)が結ばれている。本誌をはじめとするプレス関係者の多くも正規の参加申し込みを行なった上、デベロッパーとしてこれらのセッションに参加しているため、個々のセッションの内容を記事として公開することができない。会期中は唯一、基調講演で話された内容と、NDAに抵触しないWWDCで発表された製品情報のみを記事として紹介することになる。

 PC Watchでは基調講演のレポートを中心に、WWDC 2007関連のニュースを随時お届けする予定である。


Moscone WestでのWWDC開催は今年で5年目を迎えた。ホール壁面に貼られた大きなアップルロゴもすっかりお馴染み 風が強いため、肌寒く感じるサンフランシスコ市内。会場には午後になって次々と参加者が登録に訪れている 日曜日の時点で入場可能な1階の部分には、昨年のような隠されたバナーは存在しない

目に入るLeopardのコピーは「Rocket fuel for your apps」のみ。ほかにWWDC 2007のテーマであろう「Expand your universe」が、レジストレーションカウンターの上部に掲げられている 2007年の配布物。カンファレンスバッグは手提げとショルダーの二通りに使えるタイプ。他にTシャツとスケジュール表が手渡された 会場近くにあるAT&Tの携帯ショップには、iPhoneの6月29日出荷を伝えるポスターが貼り出されていた

□Appleのホームページ
http://www.apple.com/
□WWDC 2007のホームページ
http://developer.apple.com/jp/wwdc/
□WWDC 2007ニュースリリース
http://www.apple.com/jp/news/2007/may/01wwdc.html
□関連記事
【4月13日】Apple、次期OS「Leopard」のリリースを10月に延期
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2007/0413/apple.htm
□WWDC 2006レポートリンク集
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/link/wwdc.htm

(2007年6月11日)

[Reported by 矢作晃]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c)2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.