ソニー「VAIO type T VGN-TZ90S」
〜より薄く軽く、高性能に生まれ変わったモバイルPC



ソニー
「VAIO type T VGN-TZ90S」

 ソニーの「VAIO type T VGN-TZ90S」(以下VGN-TZ90S)は、11.1型ワイド液晶を搭載したモバイルノートPCだ。VGN-TZ90Sは、春に登場したVAIO type T VGN-TX93Sの後継製品となるが、外見も中身も大きく進化している。

 今回登場した新type Tは、VAIO 10周年記念モデルとして設計された製品であり、これまでソニーが培ってきた技術を惜しげもなく投入した、意欲的なモデルだ。なお、ここで取り上げたVGN-TZ90Sは、直販サイトなどで販売されるVAIO・OWNER・MADEモデルであり、店頭モデルのVGN-TZ50Bとは、CPUなどの仕様が異なる。また、試用したのは試作機であり、正式出荷品とは細部が異なる可能性もある。

 旧type Tも携帯性に優れていたが、新Type Tでは、筐体デザインが一新され、さらに薄く軽いモバイルノートPCへと生まれ変わっている。軽量バッテリパック(S)搭載時は、厚さ22.5mmのフルフラットボディを実現し、重量も約1,025g(最軽量時)まで軽量化された。バッテリをヒンジ部分に装着する構造は、大ヒットした「バイオノート505」を彷彿とさせる。ラッチレスデザインで、見た目もすっきりして美しい。筐体上面や底面に軽くて強度の高いCFRPを採用し、高い堅牢性を実現。店頭モデルの「VGN-TZ50B」のボディカラーは、ブラックだが、VAIO・OWNER・MADEモデルでは、ブラック以外にもプレミアムカーボンやボルドー、シャンパンゴールドを選べる(試用機はプレミアムカーボン)。さらに、色を統一するために、電源やマイクのコネクタに樹脂部分が黒い特注品を採用するなど、デザインには細部までこだわっている。

 電源ボタンは、右側のヒンジ部分に配置されている。内部にLEDが設けられており、動作中は緑色に点灯し、スリープ中はオレンジ色に点滅するのも美しい。ただし、外側に露出しているので、移動時などにうっかり触ってしまう可能性もありそうだ。

VGN-TZ90Sの上面。プレミアムカーボンは、カーボン繊維が目立つ仕上げになっていて、美しい外観である 「DOS/V POWER REPORT」誌とのサイズ比較。DOS/V POWER REPORTと横幅はほぼ同じで、縦はやや短い 底面もフラットですっきりしている
電源コネクタ部分。通常は内部に黄色の樹脂が使われているが、見た目を重視して黒い樹脂を使ったパーツを新たに起こしている POWERスイッチは本体ヒンジ横に配置されている

SO-DIMMスロットを1基装備。オンボードでメモリは実装されておらず、SO-DIMMスロットは埋まっている

 新type Tは、基本スペックも大きく進化している。試用機ではCPUとして、超低電圧版Core 2 Duo U7600を搭載(BTOでCore 2 Duo U7500/Celeron M 443も選択可能)。旧type TのCPUはシングルコアであったが、デュアルコアのCore 2 Duoを搭載したことで、パフォーマンスが大きく向上している。

 メモリは、1GBまたは2GBから選択できるが、オンボードでは一切実装されず、SO-DIMMとして実装されるため、後からメモリを増設しようとすると最初に実装されているSO-DIMMが無駄になってしまう。そのため、予算に余裕があるなら最初から2GBを選択しておきたい。試用機のメモリも2GBであった。

 チップセットは、グラフィックス統合型のIntel 945GMS Expressを搭載。最新のIntel GM965 Expressではないが、Vista Aeroにも対応する。


●2.5インチHDDやフラッシュメモリも搭載可能

 新type TのVAIO・OWNER・MADEモデルはBTOメニューが充実しており、ドライブ構成を自由に選べることが魅力だ。店頭モデルは、80GBの1.8インチHDD+DVDスーパーマルチドライブという構成だが、VAIO・OWNER・MADEモデルでは、1.8インチHDDの容量を60GBや100GBに変更できるだけでなく、1.8インチHDDの代わりに32GBフラッシュメモリや160GB 2.5インチHDDを搭載することが可能だ(ただし、2.5インチHDDとDVDスーパーマルチドライブは排他搭載となる)。フラッシュメモリは、ヘッドのシークが不要なので、ランダムアクセスが高速であり、消費電力も小さい。Vistaの起動時間は、1.8インチHDDに比べて2割ほど高速化されるほか、駆動時間も最長約1時間(標準バッテリパック使用時)延長される。

 フラッシュメモリの弱点は容量が小さいことだが、新type Tでは、32GBフラッシュメモリ+160GB 2.5インチHDDという組み合わせも可能なので、アプリケーションやデータをHDDに入れるようにすれば、快適な環境を実現できる(試用機の構成も32GBフラッシュメモリ+160GB 2.5インチHDDであった)。なお、2.5インチHDD搭載時は、DVDスーパーマルチドライブが搭載されない代わりに、USB 2.0ポートが右側面に1つ追加される。

 液晶ディスプレイも進化しており、NTSC比72%以上という高色純度を実現(従来のtype Tの液晶はNTSC比50%)した「クリアブラック液晶」(ピュアカラー/スリムLED/ARコート)を搭載。液晶テレビに迫る鮮やかな映像を楽しめる。表面にはARコートが施されており、外光の映り込みが抑えられている。解像度は1,366×768ドットで、Windowsサイドバーを表示させても、作業領域を十分にとることが可能だ。液晶上部には、31万画素カメラ「MOTION EYE」が搭載されており、静止画や動画の撮影のほか、Webカメラとして、ビデオチャットなどに利用できる。

1,366×768ドット表示対応の11.1型ワイド液晶を搭載。LEDバックライトの採用により、明るく鮮やかな表示を実現 液晶上部に31万画素カメラ「MOTION EYE」が搭載されており、Webカメラとして利用できる MOTION EYE対応のユーティリティソフト「VAIOカメラキャプチャーユーティリティ」では静止画や動画を撮影可能

 新type Tでは、キーボードパネルとキーボード、パームレストを一体化した新開発のキーボードを採用していることも特徴だ。見た目が美しいだけでなく、ぐらつきが抑えられており、快適にタイピングできる。キーボードのキーピッチは約17mm、キーストロークは約1.7mmであり、キー配列も標準的で使いやすい。VAIO・OWNER・MADEモデルでは、日本語キーボードと英字キーボードを選択可能(試用機は英字キーボード)。ポインティングデバイスとして、インテリジェントタッチパッドを採用。指紋センサーの搭載も可能だ。また、本体前面にAVモードボタンやAV操作ボタンが用意されており、AV関連機能の操作が行なえるのも便利だ。

VAIO・OWNER・MADEモデルでは、英字キーボードも選択可能 キーボードのアップ。キーとキーの間に隙間があり、その隙間をキーボードパネルで覆う構造になっている インテリジェントタッチパッド。左右クリックボタンの中央には指紋センサーが搭載されている
本体前面にAVモードボタンやAV操作ボタン、ワイヤレススイッチが用意されている 電源ONまたはスリープ時にAVモードボタンを押すことで、「VAIO AVモードランチャー」が起動し、AV関連ソフトを呼び出すことができる

●収納式アンテナによりワンセグの感度も向上

 店頭モデルではワンセグチューナが標準搭載されており、VAIO・OWNER・MADEモデルでも、ワンセグチューナの搭載が可能だ。従来のtype Tでは、ヒンジ部分にワンセグ用アンテナが装着されていたが、新type Tでは、液晶右側に収納式アンテナが用意されている。マザーボードからの距離が遠くなったため、CPUなどから発生するノイズの影響を受けにくくなり、受信感度が向上している。ワンセグを視聴しない場合は、本体内にアンテナを完全に収納できるので邪魔にならない。

 インターフェースとしては、USB 2.0×3(DVDスーパーマルチドライブ搭載時はUSB 2.0×2)とIEEE 1394(4ピン)、外部ディスプレイ、ヘッドホン出力、マイク入力、LAN、モデム、ドッキングステーションコネクタなどが用意されている。ワイヤレス機能も充実しており、標準でIEEE 802.11a/b/gとBluetooth 2.0+EDRに対応するほか、VAIO・OWNER・MADEモデルでは、最新のIEEE 802.11nドラフト対応無線LAN機能の追加も可能だ。ワイヤレス機能の有効/無効を切り替えるための、ワイヤレススイッチも用意されている

 カードスロットとしては、ExpressCard/34スロットとメモリスティックスロット、SDメモリカードスロットを搭載。ExpressCard/34スロットのフタは、内部に倒れ込む方式だが、メモリスティックスロットのフタはダミーカード方式になっている(SDメモリカードスロットにはフタはない)。さらに、FeliCaポートを標準搭載しているほか、指紋センサーの追加も可能だ。

液晶右側に、収納式のワンセグ用アンテナが用意されている ワンセグ用アンテナを引き出したところ
アンテナ端子はゴムでカバーされている 付属のアンテナ変換アダプタ。一般的なF型端子へ変換が可能 アンテナ変換アダプタを接続したところ
左側面にはモデムやLAN、IEEE 1394(これらの端子はカバーで覆われている)、ExpressCard/34スロット、USB 2.0×2が用意されている 左側面のコネクタカバーを外したところ 右側面にはUSB 2.0(DVDスーパーマルチドライブ非搭載時)やアンテナ、外部ディスプレイ出力が用意されている
本体前面左には、ヘッドホン出力、マイク入力、メモリスティックスロット、SDメモリカードスロットが用意されている 試用機のデバイスマネージャを開いたところ。ディスクドライブの項目で「MCBOE32GQAPQ ATA Device」と表示されているのが、フラッシュメモリである。また、ネットワークアダプタの項目を見れば、IEEE 802.11nドラフト対応の「Intel Wireless Wii Link 4965AGN」が搭載されていることがわかる ワンセグの視聴や録画には独自の「VAIOモバイルTV Ver.4.0」を利用する。左右どちらかに子画面を固定する「固定モード」のほか、自由に配置が可能な「フロートモード」や全画面表示の「全画面モード」が用意されている

●最大約18時間もの長時間駆動を実現

 バッテリは、3セルの軽量バッテリパック(S)、6セルの標準バッテリパック(L)、9セルの大容量バッテリパック(LL)の3種類が用意されている。バッテリ駆動時間は、構成によっても異なるが、軽量バッテリで約4〜6時間、標準バッテリで約8〜12時間、大容量バッテリなら約12〜18時間もの長時間駆動が可能だ。試用機には、軽量バッテリパック(S)が装着されていた。標準バッテリや大容量バッテリを装着すると、筐体がフルフラットではなくなるが、大容量バッテリ搭載時の最重量構成でも約1,375gと、気軽に携帯できる重量に収まっている。バッテリの充電を約80%または約50%にとどめることで、バッテリのサイクル寿命を延ばす、「いたわり充電モード」および「超いたわり充電モード」も搭載する。ACアダプタもコンパクトで軽く、携帯性は高い。

3セルの軽量バッテリパック(S)。10.8V/2,900mAhという仕様だ 「いたわり充電モード」や「超いたわり充電モード」にすることで、バッテリ駆動時間は短くなるが、バッテリのサイクル寿命を延ばすことができる
ACアダプタのサイズは36×83.2×22.5mm(幅×奥行き×高さ)で、重量も約170g(電源コード含まず)と、従来に比べて小型軽量化されている ACアダプタ(右)とCDケース(左)のサイズ比較。この写真からもわかるように、ACアダプタは非常にコンパクトだ ACアダプタをコンセントに接続すると、DCプラグ部分のLEDが点灯する

●デュアルコアCPUとフラッシュメモリ採用でCPUとHDD周りの性能は高い

 参考のために、ベンチマークテストを行なった。利用したソフトは、Futuremarkの「PCMark05(Build 1.2.0)」と「3DMark06(Build 1.1.0)」の2種類だ。また、Windows Vistaに用意されているパフォーマンス評価(Windowsエクスペリエンスインデックス)の結果も加えてある。省電力設定は「高パフォーマンス」モードにして行なった。

 結果は表にまとめた通りである。デュアルコアCPUのCore 2 Duo U7600を搭載しているため、シングルコアCPUを搭載したFMV-BIBLO LOOX P70U/Vに比べて、PCMark05のCPU ScoreやWindowsエクスペリエンスインデックスのプロセッサの数値は高い。また、フラッシュメモリを搭載しているため、PCMark05のHDD ScoreやWindowsエクスペリエンスインデックスのプライマリハードディスクのスコアも高くなっている。しかし、3D描画性能は統合チップセットのIntel 945GMSを採用しているため、あまり高くはない。Windowsエクスペリエンスインデックスでも、グラフィックスのスコアが2と一番低くなっている。

 フラッシュメモリを起動ディスクとして採用しているため、シャットダウンした状態からVistaを起動するのにかかる時間も短い。試用機で実測した結果は約58秒であった(5回計測した平均)。メモリ2GB+フラッシュメモリの効果か、動作もキビキビしており、快適に利用できた。

 VGN-TZ90Sは、性能とデザイン、携帯性を高いレベルで両立させた製品であり、モバイルノートPCとしての完成度は高い。カスタマイズの自由度も高く、用途や予算に応じて最適な仕様を選べることも魅力だ。携帯性重視のモバイルノートPCを探しているのなら、有力な選択肢となるだろう。

【表】ベンチマーク結果
  VAIO type T VGN-TZ90S LOOX P70U/V
CPU Core 2 Duo U7600(1.2GHz) Core Solo U1400(1.2GHz)
ビデオチップ Intel 945GMS内蔵 Intel 945GMS内蔵
メモリ 2GB 1GB
PCMark05 Build 1.2.0
PCMarks 2328 1143
CPU Score 2832 1706
Memory Score 2464 1857
Graphics Score 684 389
HDD Score 3723 2070
3DMark06 Build 1.1.0
1,024×768ドット
32bitカラー(3Dmarks)
123 149
SM2.0 Score 56 69
HDR/SM3.0 Score N/A N/A
CPU Score 926 481
Windowsエクスペリエンスインデックス
プロセッサ 4.4 2.7
メモリ(RAM) 4.1 4.3
グラフィックス 2 3.9
ゲーム用グラフィックス 2.7 2.8
プライマリハードディスク 5.2 3.4

□ソニーのホームページ
http://www.sony.co.jp/
□type Tの製品情報
http://www.vaio.sony.co.jp/T/
□関連記事
【5月17日】ソニー、VAIO 10周年記念モデル「type T」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2007/0517/sony1.htm
【5月17日】【本田】VAIO type Tファーストインプレッション
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2007/0517/mobile377.htm

バックナンバー

(2007年6月4日)

[Reported by 石井英男]


【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp ご質問に対して、個別にご回答はいたしません

Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.