最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

アイ・オー/サンディスク製4GB SDHCカードレポート

アイ・オー・データ機器製SDHCカードSDHC-4G

発売中

価格:オープンプライス



サンディスク製カードSDSDBR-4096-J85

 これまで、7月にはパナソニック製Class 2 4GB SDHCカード「RP-SDR04GJ1K」のレポートを、9月にはエレコム製Class 4 4GB SDHCカード「MF-FSDH04G」のレポートをお送りしてきた。

 今回、新たにアイ・オー・データ機器製SDHCカード「SDHC-4G」と、サンディスク製カード「SDSDBR-4096-J85」を入手したので、比較レポートを行なった。

 アイ・オー製カードとサンディスク製カードはともにClass 2対応の4GB SDHCカード。サンディスクの製品はSDHC対応リーダが付属しており、SDHCカードが対応リーダを必要とすることを考えると、お得なパッケージになっている。実売価格はアイ・オー製カードが18,000円前後、サンディスク製カードは17,000円前後。

パナソニック製カードRP-SDR04GJ1K エレコム製カードMF-FSDH04G

 前回のレポートでは、Class 4とClass 2のカードの比較だったため、各カードの性能が対応Classによるものなのか、カードの個性なのかはっきりしない面があった。今回のレポートではその辺りが明らかになることを期待したい。

 比較を行なう4枚のカードと3機のリーダを下表にまとめた。カードリーダーは、アイ・オー製「USB-W12RW」と「USB2-MXRW」、そしてサンディスク製SDHCカードに付属のリーダーを利用した。

・SDHCカード
メーカー型番Class価格
アイ・オー・データ機器SDHC-4G218,000円前後
サンディスクSDSDBR-4096-J85217,000円前後
パナソニックRP-SDR04GJ1K22万円台前半
エレコムMF-FSDH04G42万円台半ば

・カードリーダ
メーカー製品名
アイ・オー・データ機器USB-W12RW
アイ・オー・データ機器USB2-MXRW
サンディスク純正付属品

※USB2-W12RWはファームをアップデート済み。

アイ・オー製USB-W12RW アイ・オー製USB2-MXRW サンディスク製カードに付属のリーダ

●カードそれぞれに個性がある

 ベンチマークテストは前回と比較しやすいように「HD BENCH 3.30」を使用している。

 結果は下表のとおり。書き込み速度は、Class 4対応のエレコム製カードが他のClass 2カードに対して2倍以上のスコアとなった。書き込み速度を保証するClassの違いがそのままスコアに表われた。

 一方、読み込み速度では、Class 2のアイ・オー製カードがClass 4のエレコム製カードを上回るスコアを出したほか、コピー速度ではサンディスク製カードが他社製品を上回った。

 Class 2対応カードだけを見ると、書き込み性能が高いアイ・オー製カード、コピー性能が高いサンディスク製カード、書き込み/読み込み/コピーがそこそこのパナソニックといったように、カードそれぞれに傾向が読み取れた。

アイ・オー・データ機器製「SDHC-4G」のテスト結果
カードリーダReadWriteCopy
USB2-W12RW181008678390
USB2-MXRW176128444349
サンディスクの付属リーダ182497782402

サンディスク製「SDSDBR-4096-J85」のテスト結果
カードリーダReadWriteCopy
USB2-W12RW797148032097
USB2-MXRW846545502444
サンディスクの付属リーダ919045311285

パナソニック製「RP-SDR04GJ1K」のテスト結果
カードリーダReadWriteCopy
USB2-W12RW805972081119
USB2-MXRW869072891500
サンディスクの付属リーダ1008177171419

エレコム「MF-FSDH04G」のテスト結果
カードリーダReadWriteCopy
USB2-W12RW1737814724800
USB2-MXRW1751814758805
サンディスクの付属リーダ1556413766701

●まとめ

 前回のレポートでも書いたように、SDHCカードはSDカードと比べて、カードリーダの性能よりもカード自体の性能が重要になってきている。これは、カードのスコアの傾向が、カードリーダに大きな影響を受けずに表われていることから明らかだろう。

 また、書き込み速度に関しては、Classの差がスコアの差に表われている。RAW撮影や動画の記録など、書き込み速度が重要なデバイスについては、Classに注目して選択するべきだろう。

□アイ・オー・データ機器のホームページ
http://www.iodata.jp/
□製品情報
http://www.iodata.jp/prod/pccard/sd/2006/sdhc-4g/
□サンディスクのホームページ
http://www.sandisk.co.jp/
□製品情報
http://www.sandisk.co.jp/retail_sd_card.html
□関連記事
【9月21日】Class 4の4GB SDHCカード「エレコム MF-FSDH04G」レポート
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0921/sdhc.htm
【7月24日】初登場の4GB SDHCカード ベンチマーク速報
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0724/sdhc.htm

(2006年10月31日)

[Reported by matuyama@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c)2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.