最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

日立GST、1TBの3.5インチHDDを2007年上半期に投入
〜2009年には500GBプラッタの記録密度に

9月14日 発表



 株式会社日立グローバルストレージテクノロジーズ(日立GST)は14日、1台で容量1TBを実現した3.5インチHDDを2007年上半期に投入することを明らかにした。この1TBのHDDは、250GBプラッタ4枚で構成される。

 また、345Gbit/平方インチの記録密度を実証したと発表した。この記録密度での量産製品は2009年になる見込みで、3.5インチで500GBプラッタ、2.5インチで200GBプラッタ、1.8インチで100GBプラッタを実現できる。製品としては3.5インチHDDで2TB、2.5インチHDDで400GB、1.8インチHDDで200GBとなる。

 今後は、ディスク上の1個の情報ビットを形成する磁性粒子(現行ディスクは約100個の磁性粒子で形成)を減少させる方向で記録密度を増加させる「パターンドメディア」の技術や、磁気ヘッドにレーザーを組み込んで記録時に対象ビットを過熱して熱ゆらぎを抑えながら磁性粒子の小型化を実現する「熱アシスト記録方式」を採用していく。

 パターンドメディアは2010年に実用化され、その数年後には、熱アシスト記録方式がパターンドメディアとの組み合わせで実用化されると見込んでいる。

 同社は、パターンドメディアや熱アシスト記録方式を併用することで垂直磁気記録方式が20年間は発展するとみている。2016年には4Tbit/平方インチの記録密度で1台で容量25TBの3.5インチHDDが登場し、その先は、100Tbit/平方インチの記録密度で、容量650TBの3.5インチHDDが登場するだろうと予測している。

□日立GSTのホームページ
http://www.hitachigst.com/portal/site/jp/
□ニュースリリース(PDF)
http://www.hitachigst.com/portal/binary/com.epicentric.contentmanagement.
servlet.ContentDeliveryServlet/JP_Public/aboutus/press_rsc/2006091401.pdf

□関連記事
【5月17日】日立GST、垂直磁気記録の高信頼性をアピール
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0517/hgst.htm

(2006年9月14日)

[Reported by yamada-k@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c)2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.