最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

Mercury、Cell搭載のPCIeアクセラレータカード

Cell Accelerator Board

7月31日(現地時間)発表



 米Mercury Computer Systemsは7月31日(現地時間)、Cell Broadband Engine(Cell BE)を搭載したPCI Expressベースのアクセラレータカード「Cell Accelerator Board (CAB)」を発表した。現在、サンプル出荷中で、量産出荷は2007年第1四半期。単体価格は7,999ドル。

 Cell BEプロセッサ、メモリ、サウスブリッジ、Gigabit Ethernetを搭載したシステムカード。インターフェイスはPCI Express x16で、一般的なPCワークステーションで利用可能。対応OSはWindows XPおよびLinux。

 Cell BEのクロックは2.8GHzで、帯域幅22.4GB/secのバスで容量1GBのXDR DRAMと直結。さらに、サウスブリッジ経由で容量4GBのDDR2に接続されている。Cell BEは1つのPPEコアと8つのSPEコアを内蔵し、SPEの処理能力は約180GFLOPS(単精度)に達する。消費電力は210Wで、同社では消費電力当たりの性能も優れるとしている。

 同社のミドルウェアを利用することで、レンダリング、レイトレーシング、ビデオ/画像処理など、多目的なアクレラレータとして利用可能。また、同社ではCABとOpteronを2基搭載したワークステーション「Cell Workstation Development System」も販売する。

Cell BEブロックダイヤグラム CABブロックダイヤグラム

□Mercury Computer Systemsのホームページ(英文)
http://www.mc.com/
□ニュースリリース(英文)
http://www.mc.com/mediacenter/pr/news_details.cfm
?press_id=2006%5F07%5F31%5F0900%5F105320%5F121687pr%2Ecfm

□製品情報(英文)
http://www.mc.com/cell/products/view/index.cfm?id=106&type=boards
□関連記事
【2月9日】IBM、Cellベースのブレードサーバーを開発
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0209/ibm.htm
【2005年9月20日】東芝、Cell開発リファレンスセットを2006年4月発売
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2005/0920/toshiba.htm
【2005年6月29日】Mercury、初のCell搭載コンピュータを開発
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2005/0629/mercury.htm

(2006年8月2日)

[Reported by wakasugi@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c)2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.