最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

ウィルコム、デュアルキーボード/2.8型VGA液晶搭載
「W-ZERO3[es]」

W-ZERO3[es](ブラック)

7月27日 発売

価格:オープンプライス



 株式会社ウィルコムは、シャープ製のデュアルキーボードと2.8型VGA液晶を搭載したW-SIM対応データ通信/音声端末「W-ZERO3[es]」(エス)を7月14日より予約開始し、27日より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は29,800円(W-SIM付き、新規に1年間契約した場合)。

ホワイト

 OSにWindows Mobile 5.0 softwareを搭載したデータ通信/音声端末。液晶下部にケータイのように片手で操作できるダイヤルキーと、本体右側にスライドして開くQWERTY配列のキーボードを搭載。キーボードを閉じた状態で縦表示、開いた状態で横表示になるのは従来同様だが、閉じたときにダイヤルキーでケータイと同様の操作ができる点が目新しい。幅は約56mmと、W-ZERO3から小型化を図り、データ端末と音声端末それぞれに求められるニーズを両立させた。

 また、業界初の2.8型VGA(640×480ドット)高精細モバイルASV液晶を搭載。W-ZERO3と同等の表示性能を備え、ホームページやメール、WordやExcelなどのデータの閲覧性を高めた。加えて、予測変換機能付きのATOKを搭載し、片手入力での入力性向上を図ったほか、USBホスト機能を備え、ワンセグチューナ、プリンタ、キーボード、VGA出力アダプタなど周辺機器が繋げられるようになった。

 内蔵の131万画素CMOSカメラは、新たにマクロ撮影に対応。バーコードやQRコードを読み取る機能が加わり、QRコードから解読したURLをWebブラウザで開くこともできる。なお、W-ZERO3にあった無線LAN機能は省かれた。

 付属ソフトは、既存のOutlookメールに加え、オリジナルメーラー「W-ZERO3メール」を搭載し、片手での操作性の向上を図った。同ソフトでは自動振り分け機能や、eml形式の保存/読み込み機能などを備える。また、Webブラウザは新たに「Opera」を搭載し、ユーザビリティを向上させた。新しいOperaもFlashに対応する。

 デザイン面では、“スタイリッシュな大人のツール”をコンセプトに、本体色にブラックとホワイトの2種類を用意。ディンプル加工を本体表面に施し、高い質感と持ちやすさを両立させたとしている。

 主な仕様は、CPUにIntel PXA270プロセッサ 416MHz、メモリに64MB SDRAM、フラッシュメモリ128MB(ユーザーエリア約60MB)、miniSDスロット×1、W-SIMスロット×1、USB(miniAB)×1、イヤフォンマイク端子(平型)×1などを搭載する。

 バッテリはリチウムイオンで、連続通話時間は約7時間、待ち受け時間は最長約500時間。本体サイズは約56×21×135mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約175g。

発表会場で展示されたW-ZERO3[es] QWERTY配列キーボードを開いたところ 本体左側面。USB、スタイラスイジェクトボタン、イヤフォンジャックが見える
本体上面はフラットでスタイラス挿入口、W-SIMスロットがある 本体底面はACアダプタのジャックとスタンド充電用ピンがある 本体右側面。miniSDスロットが見える
キーボードを閉じれば普通のケータイと同じように扱える。サイズはやや大きめな印象 2.8型VGA液晶でOperaでホームページを閲覧 キーボードを開くと自動的に画面が90度回転する
ホワイトモデル 本体背面にカメラレンズ、ストラップホールを装備。“Intel Inside”のロゴも印刷される USBのピクセラ製ワンセグチューナを搭載できる。発売時期および価格は未定
ワンセグチューナ部 miniSDの無線LANカードを挿入したところ。まだコンセプトモデルで、発売時期などは未定 USB接続のペンタックス製プリンタも繋げられる
VGA出力対応USBディスプレイアダプタを接続。製品化は8月を予定しているという USB対応キーボードを接続したところ W-ZERO3[es]を手にする八剱氏、松本氏、ダレン・ヒューストン氏

●ケータイより1つ上の楽しさ、便利さを提供

 4日に都内で行なわれた製品発表会では、ウィルコム 代表取締役社長 八剱洋一郎氏が挨拶。

 同氏は、同社のケータイラインナップを紹介し、「シンプルな子供用音声端末“papipo!”から、データ通信専用端末“AIR-EDGE”、よりPCに近い感覚でデータ通信が行なえる“W-ZERO3”などをラインナップしてきたが、このデータ通信と音声通話の間は“空白”があり、ラインナップがなかった。今回発表する製品でデータ通信と音声通話の空白を補完でき、ケータイでもっといろいろやりたいというニーズに応えた戦略的な製品だ」と話した。

 新製品の開発にあたって、“extra smart”、“edit speedily”、“extended specifications”という3つのコンセプトに基づき、[es]と名づけた。また、“es”には心理学用語で「自我(本能的な欲求)」という意味で、同氏は「“本能的に欲しくなるもの”というメッセージも込められている」と説明した。

ウィルコム 代表取締役社長 八剱洋一郎氏 データ通信と音声通話の間の“空白”を補完する新製品 製品開発の3つのコンセプト

 シャープ株式会社 代表取締役副社長 松本雅史氏は、「W-ZERO3は、大画面/高精細液晶による快適なWebブラウジング、QWERTY配列のキーボードによる快適な操作性、Windows Mobileによる汎用性とPC連携性、W-SIMによる通話/通信機能で高い評価をいただいた。これらの利点を生かしつつ、新製品では片手で操作できるケータイスタイルを取り入れ、携帯性を向上させ、ケータイより1つ上の楽しさ、便利さを提供できるよう、製品を開発した。新製品では、シャープの液晶技術とPCやザウルスで培った小型/軽量化技術などを取り入れ、製品化を実現した」と語った。

 マイクロソフト株式会社のダレン・ヒューストン社長も登壇し、「日本法人に入社してから何をしたいかと聞かれ、“Windows Mobile Phone”のシェアを拡大するのを目標だと答えた。W-ZERO3の登場により、当初想定した以上の成長を得ることができた。今後ともプロダクト、パートナー、プロモーションと3つの“P”を中心に、市場を展開していきたい」と話した。

シャープ株式会社 代表取締役副社長 松本雅史氏 ケータイより1つ上の楽しさ・便利さを提供
マイクロソフト株式会社 ダレン・ヒューストン社長 USBホスト機能およびminiSDスロットにより、さまざまな周辺機器と接続可能 ビル・ゲイツ氏もビデオで新製品について祝辞を語った。同氏が他社の発表会で製品を語るのは非常に珍しいという

□ウィルコムのホームページ
http://www.willcom-inc.com/
□ニュースリリース
http://www.willcom-inc.com/ja/corporate/press/2006/07/04/
□製品情報
http://www.willcom-inc.com/ja/lineup/ws/007sh/
□関連記事
【6月23日】【塩田】新W-ZERO3「WS004SH」速報レポート
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0623/pda50.htm
【2005年12月21日】【塩田】ウィルコム「W-ZERO3」ファーストインプレッション
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2005/1221/pda46.htm
【2005年10月20日】ウィルコム、VGA液晶搭載のモバイル端末「W-ZERO3」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2005/1020/willcom.htm

(2006年7月4日)

[Reported by ryu@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c)2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.