最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

ソニー、AV機能を重視した「VAIO type F TV」
〜高画質化ソフト/Sound Reality搭載

「VAIO type F TV」

2月18日 発売

価格:オープンプライス



 ソニーは、AV機能を重視したノートPC「VAIO type F TV(VGN-FT50B)」を2月18日より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は22万円前後の見込み。搭載OSはWindows XP Home Edition(SP2)。

 TVチューナを内蔵し、高画質化ソフトウェア「Motion Reality LE」を搭載するなど、type FからAV機能の強化を図った新モデル。新開発のMPEGハードウェアエンコーダボードを搭載し、時間軸を用いたデジタルノイズリダクションを備えるほか、色純度を向上させたクリアブラック液晶(ピュアカラー)を備え、画質を向上させた。

 オーディオ面では、従来デスクトップPCに搭載されていたサウンドチップ「Sound Reality」を初めてノートPCにも採用し、S/N比107dBを実現。ほか、バスレフ型のスピーカーを搭載し、中/低音域の出力を強化した。

 また、Windowsを起動せずにTVを視聴できるインスタントモードを強化し、VAIOシリーズ初のHDD録画に対応。インスタントモードで録画した番組はWindows上のDo VAIOからも再生可能。エンターテインメントソフトの「LifeFLOW」も新たにポッドキャスティングに対応し、RSSによる音声配信を利用できるようになった。

 主な仕様は、CPUにCore Duo T2300(1.66GHz)、メモリ512MB(最大2GB)、Intel 945GM Expressチップセット(ビデオ機能内蔵)、160GB HDD、±R DL対応DVDスーパーマルチドライブ、1,280×800ドット(WXGA)表示対応15.4型クリアブラック液晶(ピュアカラー)などを搭載する。

 インターフェイスは、ExpressCard/54×1、Type2 PCカードスロット×1、メモリースティック(PRO)Duo対応スロット×1、SDカード/MMC対応スロット×1、FeliCaポート、USB 2.0×3、IEEE 1394×1、ミニD-Sub15ピン、Sビデオ出力×1、Ethernet、IEEE 802.11a/b/g対応無線LAN、31万画素CMOSカメラ、56Kモデムなどを備える。

 バッテリはリチウムイオンで、駆動時間は約3.5時間。本体サイズは約368.4×272.8×30〜37.5mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約2.9kg。

□ソニーのホームページ
http://www.sony.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.vaio.sony.co.jp/Info/2006/products_0124.html
□製品情報
http://www.vaio.sony.co.jp/ft/
□関連記事
【1月6日】ソニー、「VAIO type S/F」春モデル
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0106/sony4.htm

(2006年1月24日)

[Reported by ryu@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c)2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.