最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

Intel、仮想化技術対応のPentium 4 672/662
〜PCI Express x8×2構成可能なチップセットも

Pentium 4

11月14日(現地時間) 出荷開始



 米Intelは14日(現地時間)、同社の仮想化技術「Virtualization Technology」(VT)に対応したCPU「Pentium 4 672」(3.80GHz)、「同662」(3.60GHz)を出荷開始したと発表した。

 1,000個ユニット時のOEM向け価格は、前者が605ドル、後者が401ドル。15日付けで発表された国内価格は、70,630円と46,810円。

 1台のPC上に仮想のパーティションを設定することで、個々の専用リソースを割り当て、複数のユーザ環境に合わせて分離することが可能になる。なお、利用には、チップセット、BIOS、バーチャル・マシン・モニタ(VMM)などの対応が必要。

 そのほかの仕様は従来のPentium 4 6xxシリーズとほぼ同様で、90nmプロセスで生産され、L2キャッシュ容量は2MB、FSBは800MHz。Hyper-Threading、Enhanced SpeedStep、EM64T、Execute Disable Bitなどをサポートする。パッケージはLGA775。

 また、14日付け(米国時間)で、新チップセット「Intel 975X Express」の製品情報を公開した。PCI Express x16×1のほか、新たにPCI Express x8×2の構成をサポート。FSBは1,066/800MHzで、Pentium Extreme Edition、Pentium D、Pentium 4、Pentium 4 Extreme Editionに対応する。サウスブリッジはICH7R。

Intel 975X Expressのブロックダイヤグラム

□Intelのホームページ(英文)
http://www.intel.com/
□ニュースリリース(英文)
http://www.intel.com/pressroom/archive/releases/20051114comp.htm
□製品情報(英文)
http://www.intel.com/products/processor/pentium4/
http://www.intel.com/products/chipsets/975x/
□関連記事
【9月12日】【海外】CPUのハードウェア仮想化技術でOSが変わる
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2005/0912/kaigai211.htm
【7月28日】【海外】IntelデスクトップCPUロードマップアップデート
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2005/0728/kaigai200.htm
【4月21日】【海外】デュアルコア中心のIntelデスクトップロードマップ
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2005/0421/kaigai172.htm

(2005年11月15日)

[Reported by ryu@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c)2005 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.