最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

ソニー、8ch同時録画レコーダー「Xビデオステーション」
〜最大3週間分のTV番組を録画可能

「Xビデオステーション」

10月25日 受注開始

価格:89,800円〜299,800円

連絡先:バイオカタログセンター
     Tel.03-5454-0700



タイムマシンビューと呼ばれる番組再生選択画面

 ソニーは、PCと接続して地上波アナログTVの録画を行なう、ビデオレコーダーサーバー「Xビデオステーション」を10月25日から受注を開始する。

 直販専用のVAIO・OWNER・MADEモデルのみで、地上波アナログチューナ4チャンネル搭載の「VGX-XV40S」と8チャンネル搭載の「VGX-XV80S」の2機種が用意される。

 価格はHDD容量やチューナ構成によって異なり、HDD 250GBを搭載した4チューナモデルが89,800円。HDD 500GBを搭載した8チューナモデルが149,800円。HDD 2TBを搭載した8チューナモデルが299,800円。

 PCと接続して、地上波TVの録画を行なう周辺機器で、最大8チャンネルのチューナと大容量のHDDを搭載することで、地上アナログテレビ放送8チャンネルを最大約3週間分録りためることができる。

 指定した番組を録画するという発想ではなく、指定されたチャンネルの番組をHDD容量の限り録り続けて保存している。8チャンネル対応機種を使用すれば、東京地区の地上波TVはすべて録画できる。録り貯めた番組は、TV番組表のような操作画面を使って再生できる。ソニーではこれを「タイムマシン機能」と称している。

 基本的な操作はリモコンで可能だが、設定などにはWindowsベースのPCが必須となる。

 なお、録画用のHDDはSATAインターフェイスで、筐体内に最大4基搭載可能。OSはフラッシュメモリに格納されており、HDDには含まれていない。また、個々のHDDの容量が統一されている必要もない。

 受信可能なチャンネルはVHF1〜12ch、UHF13〜62ch、CATV C13〜C63ch。チューナにはノイズリダクション(DNR)、3次元Y/C分離、ゴーストリダクションなどの高画質化回路を搭載する。

 録画データはMPEG2 VBR方式で、ビットレートは1.25Mbps(352×240)、2.5Mbps(352×480)、4Mbps(720×480)、6Mbps(720×480)が選択可能。番組種別や時間帯によって、ビットレートを指定することもできる。

 また、DLNA準拠のビデオサーバー機能を持っており、ネットワーク経由でPC上で録画した番組を見ることもできる。

 主な入出力端子はビデオ入力:2系統/ビデオ出力:1系統/オーディオ入力:2系統(ステレオピンジャック)/オーディオ出力:1系統(ステレオ、ピンジャック)/光デジタルオーディオ出力:角型光ジャック×1、など。

 本体サイズは、430×380×87mm(幅×奥行き×高さ)、重量は、約7.6kg〜10.0kg。

本体背面 本体内部。手前に8chのチューナカードが見える 本体内部。チューナカードの下には4基まで入るHDDスペース

ビデオサーバー主基板 8ch用のチューナカード リモコン

□ソニーのホームページ
http://www.sony.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.vaio.sony.co.jp/Info/2005/products_1004.html
□製品情報
http://www.vaio.sony.co.jp/Products/VGX-XV80S/
□関連記事
【2004年10月5日】ソニー、7ch同時録画対応レコーダ「VAIO type X」(AV)
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20041005/sony1.htm
【2004年5月10日】ソニー、VAIO「第2章」発表会を開催
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/0510/sony08.htm

(2005年10月4日)

[Reported by date@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c)2005 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.