最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

インテル、3.20GHzのCeleron Dなどを発表
〜EM64Tサポートモデルも正式公表

6月28日 発表



 インテル株式会社は28日、動作クロック3.20GHzの「Celeron D 351」および「同350」を発表した。あわせて、EM64Tに対応した「同346」、「同341」、「同336」、「同331」、「同326」の出荷も発表した。

 「Celeron D 351」は動作クロック3.20GHzで、Celeronシリーズの最上位となるモデル。「同346」、「同341」、「同336」、「同331」、「同326」は先日製品情報に追加されたモデルで、動作クロックは順に3.06GHz、2.93GHz、2.80GHz、2.66GHz、2.53GHz。パッケージはLGA775。eXecute Disable bit機能を備え、Windows XP Service Pack 2のデータ実行防止(DEP)をサポートする。

 これらの製品投入により、同社が2005年初めに発表したCeleron DのEM64T対応への移行を完了したとしている。

 「Celeron D 350」は351からEM64TとeXecute Disable bit機能を省き、対応ソケットをSocket 478としたモデル。そのほかの機能は351と同じ。

 【訂正】初出時、「Celeron D 350」はeXecute Disable bit機能搭載としておりましたが、インテルより、同CPUでは非対応との訂正がありました。

 全モデル共通の仕様としては、FSBは533MHzに対応し、L2キャッシュは256KB、SSE3を搭載する。

□インテルのホームページ
http://www.intel.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.intel.co.jp/jp/intel/pr/press2005/050628.htm
□関連記事
【6月23日】Intel、EM64T対応Celeron Dをラインナップに追加
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2005/0623/intel.htm
【1月26日】【海外】EM64Tを一気に解禁するIntelの新戦略
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2005/0126/kaigai150.htm

(2005年6月28日)

[Reported by ryu@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company.All rights reserved.