最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

東芝、20万円を切るコンシューマ向けTablet PC
「dynabook R10/170L7」

2月18日 発売

価格:オープンプライス



 株式会社東芝は、コンシューマ向けのTablet PC「dynabook R10/170L7」を2月18日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は19万円半ばの見込み。

 同社初となるコンシューマ向けのTablet PC。液晶画面を180度回転可能なコンバーチブル設計を採用。画面回転時に本体の傾きを検知する「3D加速度センサー」を内蔵し、画面の縦横の向きをワンタッチで調整可能。

 ソフトウェアもTablet PC向けのものを搭載し、OSはWindows XP Tablet PC Edition 2005。統合ソフトはOffice Personal Edition 2003およびOffice OneNote 2003、レタッチソフトはPhotoshop Elements 3.0。また子供向けソフトとして、ドローソフト「おえかきくらぶキッズ」や漢字の書き取りを学べる「書いて覚える! 小学国語漢字ドリル辞典」、手書きのイラストを盛り込んだはがきを作成できる「筆ぐるめ」、ペンで絵を描いてシールを作成できる「プリプリまろん」などがプリインストールされている。

 主な仕様は、CPUにCeleron M 360(1.40GHz)、メモリ512MB(最大2GB)、HDD 60GB、チップセットにIntel 855GME(ビデオ機能内蔵)、DVDスーパーマルチドライブ(+R DL対応)、1,024×768ドット対応14.1型液晶などを搭載。

 インターフェイスはUSB 2.0×3、IEEE 1394×1、Type2 PCカードスロット×1、SDカードスロット、Ethernet、IEEE 802.11b/g無線LAN、V.90モデム、D-Sub15ピン、Sビデオ出力などを備える。

 バッテリはリチウムイオン充電池で、JEITA測定法1.0に基づく駆動時間は約2.3時間。本体サイズは328×289.7×36.9〜38.4mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約2.8kg。

□東芝のホームページ
http://www.toshiba.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.toshiba.co.jp/about/press/2005_02/pr_j0701.htm
□製品情報
http://dynabook.com/pc/catalog/dynabook/050207r1/index_j.htm
□関連記事
【2003年12月4日】東芝、12.1型でSXGA+対応の液晶を搭載したTablet PC
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2003/1204/toshiba2.htm
【2002年11月7日】東芝、コンバーチブル型Tablet PC「DynaBook SS3500」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2002/1107/toshiba.htm

(2005年2月7日)

[Reported by yamada-k@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company.All rights reserved.