最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

NVIDIA、デュアルOpteron対応チップセット
「nForce4 Professional」

1月24日(現地時間) 発表



 米NVIDIAは24日(現地時間)、デュアルOpteronに対応するサーバー/ワークステーション向けチップセット「nForce4 Professional」シリーズを発表した。

 1チップで最大2基までのOpteronに対応。また、PCI Express(合計20レーン)、Gigabit Ethernet、シリアルATA 2×4、パラレルATA×4(RAID 0/1/0+1対応)、USB 2.0×10、PCI(32bit/33MHz)、7.1chオーディオといった各種I/O機能も備える。CPUとの接続は1GHz HyperTransport。

 1枚のマザーボードに複数のチップセットを搭載可能で、1チップ構成の場合は「nForce4 Professional 2200」が、2つ目以降のチップとしては「nForce4 Professional 2050」が使用される。

 nForce4 Professional 2050では、パラレルATA、USB、PCI、オーディオなどが省略されるが、1チップごとに2基までのOpteron、PCI Express(20レーン)、Gigabit Ethernet、シリアルATA 2×4が追加され、最大で2050を3チップまで搭載できる。

 2枚のビデオカードを同時に接続する「SLI」にも対応。既存のAthlon 64向けチップセット「nForce4 SLI」と同様に、2200 1チップによるPCI Express x8×2接続(物理スロットはx16)のほか、2200+2050の構成でPCI Express x16×2接続でのSLIにも対応する。ただし、4枚のビデオカードを利用したデュアルSLIといった利用方法は想定されていない。

 このほか、2つのチップセットに接続されたそれぞれのシリアルATAをまたいだRAIDにも対応するなど、柔軟なシステム設計が可能。

 マザーボードはIWILLやTyanなどからリリースされる予定。将来登場予定のデュアルコアOpteronにも対応予定。

nForce4 Professional 2200でデュアルCPUの構成例 nForce4 Professional 2200+2050で4 CPUの構成例 nForce4 Professional 2200+2050でデュアルCPUの構成例
IWILLの「DK8ES」 Tyanの「S2895」

□NVIDIAのホームページ(英文)
http://www.nvidia.com/
□ニュースリリース(英文)
http://www.nvidia.com/object/IO_18137.html
□製品情報(英文)
http://www.nvidia.com/page/nforce_pro.html
□関連記事
【2004年10月20日】NVIDIA、PCI Express対応Athlon 64用チップセット「nForce4」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/1020/nvidia.htm

(2005年1月25日)

[Reported by wakasugi@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company.All rights reserved.