最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

東芝、容量80GBの1.8インチHDDを開発
〜垂直磁気記録初の製品化

40GB(左)と80GB(右)

12月14日 発表




 株式会社東芝は、容量40GBおよび80GBの1.8インチHDDを開発。40GBの「MK4007GAL」を2005年第1四半期(4〜6月期)より、80GBの「MK8007GAH」同第2四半期より量産開始すると発表した。

 磁石をディスクに対して垂直に配列させて記録する垂直磁気記録方式を採用した世界初のHDD製品。垂直磁気記録方式は、ディスク内が磁化されるとき、信号磁石のS極とN極が隣り合って磁化され、相互に磁化を強め合うため、安定的に記録密度を高められる。記録密度は同社従来製品比33%増となる206Mbit/平方mmで、同社では世界最高としている。

 製品の主な仕様は、回転数4,200rpm、平均シーク時間15msで、インターフェイスはUltra DMA/100。プラッタあたりの容量は40GB。本体サイズおよび重量は40GBが54×78.5×5mm(幅×奥行き×高さ)/51g、80GBが54×78.5×8mm(同)/62g。

 同社では、今後0.85インチHDDにも垂直磁気記録方式を採用する予定。

□東芝のホームページ
http://www.toshiba.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.toshiba.co.jp/about/press/2004_12/pr_j1401.htm
□関連記事
【2003年12月15日】東芝、世界最小0.85インチHDDを開発
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2003/1215/toshiba2.htm

(2004年12月14日)

[Reported by wakasugi@impress.co.jp]

【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
お問い合わせに対して、個別にご回答はいたしません。

Copyright (c) 2004 Impress Corporation, an Impress Group company.All rights reserved.