最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

ピーアンドエー、デジカメ関連機能を強化した
「Paint Shop Pro 9」
〜廉価版の「Paint Shop Pro Studio」も登場

Paint Shop Pro 9のパッケージ

10月15日発売

価格:15,540円

連絡先:株式会社ピーアンドエー
     Tel.042-525-9501



 株式会社ピーアンドエーは、画像編集ソフト「Paint Shop Pro 9」を10月15日より発売する。また、Paint Shop Proの廉価版「Paint Shop Pro Studio」を同日に発売する。

●デジカメ対応機能などが強化された「Paint Shop Pro 9」

 「Paint Shop Pro 9」は、米Jasc Softwareの画像編集ソフトの日本語版最新バージョン。比較的安価ながら、フォトレタッチのほかドロー機能やペイント機能を備える。

 価格はパッケージ版が15,540円、ダウンロード版が10,290円。このほか2万本限定のアップグレード版が7,770円で、優待版が他社製グラフィックソフトからの乗り換えユーザー用に10,290円で、アカデミック版が9,240円で用意される。

 対応OSはWindows 98 SE/Me/2000(SP4)/XP。

 新バージョンでは、デジタルカメラ関連、ペイント、ドロー、生産性向上の4分野で機能が向上した。

 デジタルカメラ関連では、デジタルカメラ画像で発生しやすいノイズや色収差を除去したり、露出アンダー/オーバーを補正するフィルタを新たに搭載。また、7社のデジタルカメラのRAWデータの取り込みに対応した。オートアップデータ機能により、順次新機種へも対応する。ただし、画像の取り扱いは8bitで、色空間はsRGB固定となる。

RAWの読み込みに対応した CCDノイズの除去フィルタ。左が適用前、右が適用後

 ペイント関連では各種の筆先、絵の具、キャンバス素材での描画をシミュレートできる「アートメディア・ツール」を搭載。絵の具の厚みなども再現されるほか、パレット上で絵の具を混ぜる作業をシミュレートした「ミキサーパレット」も搭載する。また、写真などの下絵をなぞることで絵画風にする「イメージトレース・オプション」も新たに採用された。

 ドロー機能では、ベクター形式で矩形や楕円形などを描画するツールを搭載。テキストをボタンクリックのみで縦書きにする機能なども搭載された。

 生産性向上については、作業履歴の特定部分のみを取り消したり、やり直すことができる「履歴パレット」を新たに搭載。特定部分を簡単にスクリプトにする機能も搭載された。また、フォルダ内の画像を一覧表示するブラウザがExif情報の表示に対応した。

ペイント作業中。右側中央にあるのが絵の具を混ぜるミキサーパレット ドロー作業での縦書きテキストが設定しやすくなった イメージトレース・オプションで写真の一部だけを階が風にすることもできる

●手軽な廉価版「Paint Shop Pro Studio」

 「Paint Shop Pro Studio」は「Paint Shop Pro 9」をベースとした廉価版。プロレベルの編集機能が省かれ、カレンダー形式の画像ブラウズ機能などが追加されている。

 価格はパッケージ版が10,290円、ダウンロード版が7,140円。

 対応OSはWindows 98 SE/Me/2000(SP4)/XP。

 露出補正フィルタやRAW画像対応、テキストの縦書き対応といったPaint Shop Pro 9にも搭載されている新機能を備える一方で、フィルタ数が減り、GIFアニメーション作成ソフト「Animation Shop 3.1」が付属しないなど、ライトユーザー向けに機能が絞られている。

 基本的なフォトレタッチ機能に加え、「Paint Shop Photo Album 5」を同梱することで画像管理機能を備える。Paint Shop Photo Alubum 5は、アルバムやカレンダー、CDラベルなどの印刷機能や、CD/DVDへの書き込み機能も搭載する。

Paint Shop Photo Album 5が同梱される 背景だけを消せるブラシ(左)や写真のキズの補正機能など、手軽に使える補正機能を多数搭載する

●2つに分かれたPaint Shop Pro

 同社は15日、都内で発表会を開催。ピーアンドエーのパトリック・オシュネーCEOのほか、開発元のJasc Softwareから国際販売マーケティング部ディレクターのジョン・エリック・メンティアス氏、プロダクトマーケティング部ディレクターのマイケル・グリーンハル氏が来日し、出席した。

 メンティアス氏はPaint Shop Pro 9とPaint Shop Pro Studioの2つの製品ラインに分かれたことについて、「ユーザーの半分はパワフルで高機能なソフトを、残りの半分はパワフルさよりも使いやすさを求めていることがわかった」と説明。

 グリーンハル氏は「開発が自分の作りたいものだけを作るのでなく、ユーザーのほしいものを作っている。Paint Shop Proは、ユーザーの大切な記念である写真を守り、自慢できるようなものにする製品」と、ユーザーオリエンテッドな姿勢を強調した。

Jasc Software 国際販売マーケティング部ディレクターのジョン・エリック・メンティアス氏 Jasc Software プロダクトマーケティング部ディレクターのマイケル・グリーンハル氏 ピーアンドエーのパトリック・オシュネーCEO
Paint Shop Proは2系統に Paint Shop Pro 9とStudioのターゲットユーザー Paint Shop Proシリーズは競合製品なみかそれ以上の機能を持ちながら安い

□ピーアンドエーのホームページ
http://www.panda.co.jp/
□製品情報
http://paintshoppro.jp/
□関連記事
【2003年5月7日】P&A、2年半ぶりに刷新された画像編集ソフト「Paint Shop Pro 8」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2003/0507/panda.htm

(2004年9月15日)

[Reported by tanak-sh@impress.co.jp]


【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
個別にご回答することはいたしかねます。

Copyright (c) 2004 Impress Corporation All rights reserved.