最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

ニコン、「PTP/IP」を採用しデジカメを無線化する技術

D2HとWT-1

9月13日 発表



 株式会社ニコンは13日、米FotoNationが開発した「PTP/IP(Picture Transfer Protocol over Internet Protocol)」を採用し、デジタルカメラで撮影した画像を無線で容易に転送する技術を確立したと発表した。

 この技術の実用化、製品化に向けてFotoNation、米Microsoftらと協力し開発を進める。これにより、無線接続においてもUSB接続と同程度に簡素化できる。

 将来的には、ケーブルレスでPictBridge対応プリンタで印刷をしたり、TV画面への表示やDVDレコーダー、フォトストレージなどへのファイリングに応用可能としている。

 ニコンは2003年、無線による画像転送を行なうワイヤレストランスミッター「WT-1」(IEEE 802.11b準拠)を、デジタル一眼レフカメラ「D2H」に装着して無線による画像転送を実現していた。しかし、転送プロトコルはFTPであったため、接続の確立にカメラおよび受信PC側の設定を必要としていた。

 今後ニコンは、コンシューマ向け製品にもPTP/IPを採用し、デジタル一眼レフだけでなくCOOLPIXシリーズにも展開していくとしている。また、カメラ/映像機器業界の標準規格として広く浸透させるため、カメラ映像機器工業会(CIPA)にも働きかけを行なう予定。

□ニコンのホームページ
http://www.nikon.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.nikon.co.jp/main/jpn/whatsnew/2004/ptpip_04.htm
□関連記事
【2003年7月22日】ニコン、自社製撮像素子を搭載したデジタル一眼レフ「D2H」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2003/0722/nikon.htm

(2004年9月14日)

[Reported by yamada-k@impress.co.jp]


【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
個別にご回答することはいたしかねます。

Copyright (c) 2004 Impress Corporation All rights reserved.