最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

三洋、電子手ぶれ補正を搭載した400万画素スチル&ムービーデジカメ

9月10日発売

価格:75,600円

連絡先:お客様相談係
     Tel.072-870-4184



 三洋電機株式会社は有効400万画素CCDと光学5.8倍ズームを搭載し、SDメモリーカードを記録媒体とするデジタルムービーカメラ「Xacti DMX-C4」を9月10日より発売する。価格は75,600円。

 2003年11月に発売された「Xacti DMX-C1」の後継機。切替操作なしで静止画像と動画像を記録できるインターフェイスや、フリーアングル液晶を左側面に備えたグリップスタイルなどを備えるコンセプトはそのままに、撮像素子の解像度向上、新開発画像処理エンジンや電子手ぶれ補正機能の搭載、液晶モニターの大型化などの改良が加えられた。

 外観では、液晶モニターの大型化に伴いモニター部のデザインがやや変更された以外には大きな変更はない。なお本体色は、「ファンタジーゴールド」と呼ばれる銀色のほかに、ロマンスブルー、アクティブレッドの3色が用意される。

3つのカラーバリエーションが用意された 右がDMX-C1、左がC4。液晶モニターが大型化されたため、液晶カバーの形状が変わった

 撮像素子は有効約400万画素の1/2.7型CCD。640×480ピクセル/30fps/3Mbps、640×480ピクセル/30fps/2Mbps、320×240ピクセル/30fps、320×240ピクセル/15fps、176×144ピクセル/15fpsの音声付ISO標準MPEG-4動画を記録媒体いっぱいまで撮影可能。静止画の記録画素数は3,264×2,448(補完)/2,288×1,712/1,600×1,200/640×480ピクセル。記録形式はJPEG。

 レンズは非球面レンズ2枚3面を含む8群11枚で構成される、35mm判換算38〜220mmの光学5.8倍ズームレンズ。開放F値はF3.5〜3.7。NDフィルターを搭載する。撮影可能範囲はズーム全域で広角端では10cm〜無限遠、望遠端では80cm〜無限遠。スーパーマクロでは広角端で2cm、望遠端で60cm。

 前機種よりも到達距離が伸び、プリ発光調光が可能になった内蔵ストロボを装備する。

 1.8型半透過型低温ポリシリコンTFT液晶モニター(約13万画素)を搭載。光学ファインダーは搭載しない。記録媒体はSDメモリーカード。PCとの接続はUSB 2.0 FullSpeed。ただし、付属のドッキングステーションまたは接続アダプター経由となる。なお、DMX-C4では新たにSビデオ出力が搭載された。

 電源はリチウムイオン充電池。CIPA準拠の撮影可能枚数は約130枚。ムービー撮影時間は約60分。

 本体サイズは69×34×108mm(幅×奥行き×高さ)、電池と記録媒体を含む重量は約178g。

DIソリューションズカンパニー DI企画部の重田喜孝部長

 同社は23日、都内において発表会を開催。同社DIソリューションズカンパニー DI企画部の重田喜孝部長がDMX-C4の概要を説明した。

 前機種のDMX-C1はビデオカメラと比較して日常の使用頻度が高く、動画と静止画を使い分けるユーザーが多かったとし、小型で静止画と動画をモードレスで利用できる手軽さが評価されたとした。

 DMX-C4ではC1の基本コンセプトを維持し、基本性能の向上を図ったとし、DMX-C4の詳細を説明。新たに搭載された電子手ぶれ補正ではズーム倍率に応じて手ぶれ補正の効き具合を変えているほか、新開発の高速な画像処理エンジンにより、動画記録中に静止画を撮影できるようになったこと、また暗部ノイズや色ノイズの改善、マイクの改良による音質向上を図ったことなどをアピールした。

 市場が成熟し、伸び率が横ばいになっているデジタルカメラ市場とビデオカメラ市場において、両者を融合する新しい市場を開拓するとした。

DMX-C1では動画と静止画の両方を使い分けられてきた デジタルスチルカメラ、デジタルビデオカメラともに横ばいの中で、両者が融合した新しい市場を開拓する
Sビデオ出力に対応した ズーム倍率に応じて手ぶれ補正の効きを変える マイクを改良し、音質が向上した

□三洋電機のホームページ
http://www.sanyo.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.sanyo.co.jp/koho/hypertext4/0408news-j/0823-1.html
□関連記事
【2003年10月1日】三洋、静止画も同時に撮れるムービーデジカメ
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2003/1001/sanyo.htm

(2004年8月23日)

[Reported by tanak-sh@impress.co.jp]


【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
個別にご回答することはいたしかねます。

Copyright (c) 2004 Impress Corporation All rights reserved.