最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

プレクスター、Serial ATA 12倍速DVD+Rにブラックモデル
〜対応チップセットと制限事項も公開

6月下旬発売

価格:オープンプライス

連絡先:周辺機器部
     Tel.03-3517-8062



 プレクスター株式会社は、Serial ATA対応12倍速DVD+Rドライブのブラックモデル「PX-712SA/JPB」を6月上旬より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は25,000円前後の見込み。対応OSはWindows 2000/XP。

 3月に発表された、業界初のSerial ATAインターフェイスを搭載したDVD±RWドライブ「PX-712SA/JP」のベゼルを変更したもので、仕様や発売時期などは準ずる。DVD+R 12倍速、DVD-R 8倍速、DVD±RW 4倍速、CD-R 48倍速、CD-RW 24倍速の書き込みに対応する。

 また、同日付けで「PX-712SA」利用時の制限事項が告知された。

 内容は、OSをスタンバイ(Suspend to RAM/S3)、休止状態(Suspend to Disk/S4)にした後に復帰すると、PX-712SAがOSから認識されない、というもの。

 この状態になると、シェルにドライブのアイコンは表示されているが、実際には認識されていないため、ドライブにアクセスするとOSがハングアップに近い状態になるという。回避策はS3/S4を使用しないこととしている。

 この不具合の起こるホストコントローラは、Intel製I/O Controller Hub(ICH)の「ICH5」と「ICH5R」。同社の動作確認リストによると、ICH5Rで正常動作するのはIntel B875PBZのEnhanceモード、MSI 875P Neo-FISRのEnhanceモード。ICH5ではGIGABYTE GA-8IPE1000-GのAUTOモードとなっている。

 Silicon Image製コントローラ「Sil3112」、「Sil3512」ではおおむね正常動作している。Promise製コントローラ「Promise 20378」、SiS「SiS 964」、VIA「VT8237」では、「正常動作せず」または「認識しない」となっている。

□プレクスターのホームページ
http://plextor.jp/
□ニュースリリース(PDF)
http://plextor.jp/news/nr/px712sa_bk.pdf
http://plextor.jp/news/nr/px712sa_Restriction.pdf
□関連記事
【3月10日】プレクスター、初の12倍速対応DVD±R/RWドライブ
〜業界初のSerial ATA対応ドライブも同時発表
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/0310/plextor.htm

(2004年6月3日)

[Reported by yamada-k@impress.co.jp]


【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
個別にご回答することはいたしかねます。

Copyright (c) 2004 Impress Corporation All rights reserved.