最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

ソニー、業界初の片面2層DVD+R DLドライブ

DRX-700UL

5月15日より順次発売

価格:オープンプライス

連絡先:お客様ご相談センター
     Tel.0570-00-3311
     Tel.03-5448-3311



  ソニーは、DVD+Rメディアの片面2層記録に対応したDVD±RWドライブ2機種を発売する。価格はオープンプライス。

 片面2層記録対応ドライブの商品化はこれが初。対応OSはWindows 2000/XP。

 片面2層記録は、DVD+Rメディアの片面に設けられた、2層の記録層にデータを記録する規格。2層合計で8.5GBのデータを記録できる。これにより、5MbpsのMPEG-2動画を約3.6時間記録可能としている。「DVD+R DL」(DLはDouble Layerの意)と呼ばれる。なお、片面2層記録には専用メディアが必要。

1月のInternational CES 2004に展示されたDVD+R DLメディアの模型(左)とドライブ

 発売されるのは「DRU-700A」と「DRX-700UL」の2機種。

 DRU-700AはATAPI対応の内蔵ドライブで、5月15日より発売される。店頭予想価格は25,000円前後の見込み。標準の白いフロントパネルと交換可能な、黒いフロントパネルが付属する。本体サイズは約145.8×165×41.3mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約900g。

 DRX-700ULは、USB 2.0×1、IEEE 1394(6ピン)×1、IEEE 1394(4ピン)×1を搭載した外付ドライブ。6月中旬より発売される。店頭予想価格は3万円前後の見込み。縦置き、横置きが可能。本体サイズは約52×234×164mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約1,500g。

DRU-700A 黒いフロントパネルを装着したDRU-700A

 両製品とも、書込み速度はDVD+R DLが2.4倍、DVD±Rが8倍、DVD±RWが4倍、CD-Rが40倍、CD-RWが24倍。読み出し速度はDVD+R DLが6倍、DVD±R/RWが8倍、DVD-Videoが4倍、DVD-ROMが12倍、CD-ROMが40倍。

 レーザーがディスクに垂直にあたるように、ディスクの反りや傾きに応じてピックアップレンズの傾きを制御する「チルトサーボ」を搭載。安定したデータの読み書きが可能としている。

 ライティングソフト、ビデオオーサリングソフトなどが付属する。

□ソニーのホームページ
http://www.sony.co.jp/
□製品情報(DRU-700A)
http://www.ecat.sony.co.jp/computer/drive/products/index.cfm?PD=17189&KM=DRU-700A
□製品情報(DRX-700UL)
http://www.ecat.sony.co.jp/computer/drive/products/index.cfm?PD=17188&KM=DRX-700UL
□関連記事
【1月10日】QRIOも米国出張、元気な日本メーカー
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/0110/ces09.htm

(2004年4月26日)

[Reported by tanak-sh@impress.co.jp]


【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
個別にご回答することはいたしかねます。

Copyright (c) 2004 Impress Corporation All rights reserved.