最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

2003年の国内PC出荷は2年ぶりプラス成長
〜ただし、家庭市場はマイナス

2月25日発表


 IDC Japan株式会社は25日、2003年の国内PC出荷実績を発表した。出荷台数は1,281万6,511台で、対前年比2.8%増と2年ぶりのプラス成長を記録した。同社では、2004年は前年比6.5%増の1,365万台と予測している。

 家庭市場は対前年比8.2%減の531万台となった。同社では、家庭市場の伸び悩みはDVD/HDDレコーダーなどのデジタル家電に消費が流れ、PC買い換えを先延ばしする要因になっている、と分析している。

 一方、ビジネス市場は好調で対前年比12.3%増の751万台と大幅に伸びた。下半期(7〜12月)の出荷台数は、過去の同時期との比較で最高を記録している。同社は、需要拡大だけでは説明できない部分があり、個人での複数台使用や、中小企業での1人1台体制が進み、市場の裾野が広がったのではないか、と分析している。

ベンダ別出荷数(出典:IDC Japan)

 メーカー別にみると、デルが対前年比29.9%増で3位、日本ヒューレットパッカード(HP)が36.1%増の7位と躍進している。両社ともに低価格路線を打ち出し、多くのビジネス需要を獲得したことが要因となっている。

 1位のNEC、2位の富士通は、躍進した外資系メーカーに対抗し低価格モデルを投入。政府/官公庁や地方の販売パートナーに支えられ、シェア増加となった。4位の東芝は家庭向けが前年比2桁増、国内メーカーでは最高の伸び率を示した。前年3位のソニーは、シェアよりも収益優先の戦略に変更しており、出荷台数は前年比31.8%減の5位となった。

 また、今回の調査では「その他」が前年比16.1%増と大幅に伸びている。これは、ショップブランドPCなどのホワイトボックス市場の拡大が挙げられる。

 なお、同調査には、x86サーバー、デスクトップ/ノートPCが含まれている。IDCでは2003年にサーバー製品の定義を一部変更し、過去の実績値を含めPCとして算出する市場規模の見直しを行なっており、過去に発表した数値と異なることがあるとしている。

デスクトップPC出荷台数シェア
(出典:IDC Japan)
ノートPC出荷台数シェア
(出典:IDC Japan)

□IDC Japanのホームページ
http://www.idcjapan.co.jp/
□関連記事
【2月6日】2003年の国内PC出荷台数は1,186万台で微増
〜GfK Japan調査
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/0206/gfk.htm

(2004年2月26日)

[Reported by yamada-k@impress.co.jp]


【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
個別にご回答することはいたしかねます。

Copyright (c) 2004 Impress Corporation All rights reserved.