バックナンバー

シグマ SD10


−独創的な撮像素子と、コストパフォーマンス−



 シグマが発売しているSDシリーズのデジタル一眼レフはほかの機種にはない大きな特長を持つ。最大の特長はFoveon(フォビオン)X3というイメージセンサーである。ほかのセンサーのような、モザイク状にRGBのカラーフィルタが配置されるベイヤ配列とはまったくちがう構造を持つ。

 フィルムと同じように画素ひとつひとつがRGB3色を同時に再現できるのだ。ベイヤ配列ではひとつの画素にはひとつの色しか割り当てられていない。あとは補間により補うが、FoveonnX3はその必要がない。そのため、理論的には3倍の画素数と同じというこになる。シグマでは1,029万画素(約343万×3)としている。

 また、ベイヤ配列でモザイク状にRGB画素が置かれていると、偽色(色モアレ)が出るが、FoveonnX3は原理的には偽色が出ない。このため、ローパスフィルター(LPF)を省略でき、それだけレンズの解像力をそのまま発揮できることになる。

 今回はシグマ18〜50mmF3.5〜5.6DC標準ズームと、55〜200mmF4〜5.6DC望遠ズームの2本とともにテストした。

●わかりやすい操作系だが、凡庸なデザイン

シグマSD10の操作系はわかりやすい。おもな操作部と全体のレイアウトは6面写真を見ていただきたい(写真A)。

 オーソドックスと言える一眼レフのスタイルで、無骨な感じもする。デジタル一眼レフなのだから、もっとデザインで冒険をしてもよかったのではないかと思う。フィルム一眼レフほど制約がないのだから、もっと自由なデザインができるはずだ。

【写真A】シグマ SD10の各部

 ホールディングはいいし、重さもほどほどである。見た目よりはグリップしやすいボディだ。操作部もわかりやすく、上面右側に露出モードの切り替えダイアルがあるのは定石だが、フィルム一眼レフユーザーにもなじみやすい(写真B)。ただ、ちょっとちがうのは、モードダイアルの上にスピードダイアルがある点だ。SLOWとFASTと書いてあり、初めはなんのことだかわからなかった。これはシャッター優先AEやマニュアル露出でシャッター速度を選ぶダイアルなのである。ほかにコマンドダイアルがあるのだが、それは絞り設定に使う。慣れてくればとっさに操作はできるが、最初はとまどった。

 上面左側にはメインスイッチを兼用したドライブモードダイアルがあり、1コマと連写の切り替えのほか、セルフタイマー、ミラーアップ、オートブラケットなどの設定ができる(写真C)。その左側に測光モードの切り替え(評価測光、中央重点測光、スポット測光)やら、ファンクション、AFなどの切り替えスイッチがある。このあたりのレイアウトはほかのデジタル一眼レフとちがう。しかし、すぐに慣れるので問題はないだろう。そのうしろに画質モードとISOの切り替えがある。これはちょっととまどう位置だ。液晶モニタの周囲に持ってきてくれたほうがよかった。

【写真B】上面右側には露出モードダイアルとその上にシャッター速度ダイアルがある 【写真C】面左側にはメインスイッチ兼用のドライブモードダイアルがある

 背面右上にはAEロックボタンと露出補正ボタンがある(写真D)。また、その下には拡大縮小再生のボタンがある。このあたりはわかりやすくできている。

 液晶モニタの左側には上からMENU、VIEW(再生)、INNFO(情報)、MOD(プロテクト)、DEL(削除)ボタンが並ぶ。これはわかりやすいが、ボタンの割り付けは再考の余地があるように感じた(写真E)。液晶モニタに右には十字キー、その下にはOKボタンとキャンセルボタンがある。キヤノンやニコンとオリンパスのデジタル一眼レフの折衷のような操作系である。

【写真D】背面右上にはAEロックボタンと露出補正ボタンが並んでいる 【写真E】液晶モニタの左側にはMENU、VIEW、INFO、MOD、DELボタンがある

 記録メディアはType2 CFで、これは定石どおりの位置にある(写真F)。CFカードのカバーを開けると、液晶モニタに警告が出るのはいい。

 レンズマウントはシグマ独自のSAバヨネットマウントで、大口径レンズ、超望遠レンズに対応している。レンズとのやりとりは電気接点による純電子制御で、機械連動部品はない(写真G)。

【写真F】記録メディアはCFカードタイプ1、2。定石どおりの位置にスロットがある 【写真G】レンズマウントはシグマ独自のSAマウント。すべて電気接点で信号がやりとりされる

 マウント部に目を近づけると、透明なプロテクターが内部にある。これがSDシリーズの第2の特長であるダストプロテクターだ(写真H)。レンズ交換時に入るゴミ、ホコリはこれでシャットアウトできる。ただし、シャッターやミラーの稼働部から出る金属粉は防止できない。このダストプロテクターをいいと思うか、それとも気休めにすぎない、と思うかはユーザ次第だ。私はもっと根本的な解決策が必要だとは思うが、大半のデジタル一眼レフよりもゴミが付きにくいことは事実だ。

 あと、ファインダの視野が、写る部分とそのまわりの半透明な部分に分かれているスポーツファインダも、このSDシリーズの特長だ。しかし、一眼レフは見たままが写るのがベストで、このファインダはやや混乱を招く。もちろん、撮影視野外が見えるというのは動体撮影には有利なのだが、それなら光学式ビューファインダカメラでいいのではないかと思う。ライカ式のレンジファインダを搭載したデジタルカメラが出てくれば、このスポーツファインダはあまり意味がなくなる。あと、このスポーツファインダのために、実質的なファインダ倍率が落ちるのも問題だ。

 電源はSD9では2系統必要だったが、SD10では1系統になった。CR-V3型リチウム電池2個(写真I)のほかに単3型乾電池も使える。ワールドワイドで入手しやすく、旅先でも安心して使える。

【写真H】マウント内部には透明なダストプロテクターがある。その奥にミラーが見える 【写真I】電池はCR-V3型リチウム電池2個または単3乾電池

 液晶モニタの表示はシンプルだ。メニューは1種類のみ(写真J1)。あとは、通常の再生(写真J2)のほかに、INFOボタンで撮影情報が表示される(写真J3)。

【写真J1】メニュー画面はシンプルだ 【写真J2】通常の再生画面。液晶モニタの視認性はまずまずだ 【写真J3】INFOボタンを押すと、撮影データが画像とともに表示される
【写真K】レンズは小型軽量だ

 今回使用したレンズは両方とも小型軽量で、携帯しやすかった。とくに、55〜200mmの望遠ズームレンズは驚くほど小さい(写真K)。さすがにレンズメーカーの製品という感じである。

 全体として、慣れればそれほどとまどわない操作系だが、デザインはいまひとつ冒険をして欲しい。


●価格以上のレンズ性能

 実写はいつものように、順光のビルを絞りを変えて撮影する定点撮影から。18〜50mm標準ズームの広角側では、わずかに前ピンとなったが、実用上問題になるほどではない(写真1左)。絞り込むと非常にシャープな画像になった(写真1右)。

以降に掲載する作例のリンク先は、撮影した画像データそのものです。縦位置のものは、サムネールのみ回転していますが、拡大画像はあえて回転せずに掲載しています。
特に記載がない限り、クリックする2,268×1,512ピクセルの画像が別ウィンドウで表示されます
【写真1】標準ズームの広角側。絞り開放ではわずかに前ピンなのがわかる(左)。絞り込むといい画質となる(右)
18〜50mmF3.5〜5.6、絞りF3.5およびF8、絞り優先AE、ISO100

 望遠側では狙った位置に合焦している(写真2左)。ただし、絞り開放では全体にやや甘い描写だ。絞り込むと非常にシャープになり、文句のない描写となる(写真2右)。この実写テストは最初に想定していたよりもシビアな条件で、AFの精度がはっきり出てしまう。その意味で、AFは改良されたとはいえ、いまひとつの詰めが必要に感じた。

【写真2】望遠側だと、広角側ほどの測距エラーはないが、開放では全体に甘い(左)。絞り込むとシャープな描写になる(右)
18〜50mmF3.5〜5.6、絞りF5.6およびF11、絞り優先AE、ISO10

 55〜200mmの短焦点側での描写は素晴らしい(写真3左)。絞り開放からこれほどの画質を示すのは、25,000円という価格を考えるとものすごいことだ。こうなると、FoveonX3の威力がフルに発揮されているようだ。当然、絞り込むとさらに画質はよくなる(写真3右)。

【写真3】55mm側で撮影。絞り開放からいい描写である(左)。絞り込むとさらに良くなる(右)
55〜200mmF4〜5.6、絞りF4およびF8、絞り優先AE、ISO100

 望遠側では絞り開放からいい描写である(写真4左)。コントラストも高く、この望遠ズームは価格、大きさと重さ、そして描写のバランスが絶妙だ。こちらも絞り込むと画質がアップする(写真4右)。

【写真4】200mm側の絞り開放でも、シャープな描写である(左)。絞り込むとさらに良くなるのは他と同様(右)
55〜200mmF4〜5.6、絞りF5.6およびF11、絞り優先AE、ISO100
【写真5】夜景はAFの精度も良く、またノイズも少ない。ただ、ゴミが写り込んでしまった
18〜50mmF3.5〜5.6、絞りF16、絞り優先AE(15秒)、ISO100

 定点撮影の2番目は夜景(レインボーブリッジ)で、このカメラにはとくにノイズリダクションはない。映像エンジンで処理しているものと思われる。15秒の長時間露出では、わずかに横縞ノイズが出ているものの、それほど気になるほどではない(写真5)。なかなかいい感じの描写になっている。ただし、ゴミが写り込んでしまった。


 つぎの定番撮影は特急列車を連続撮影して、AFの追従性や連続撮影能力を見るもの。このSD10では6コマの連続撮影ができるため、かなりいい感じで動体を追うことができた(写真6)。ピントも各コマでぴったり合っている。最後のコマはややAFが迷ったが、それでもギリギリで合わせてくれて、ピントぴったりだった。

 SD9ではこの動体撮影でのAF追従性がいまひとつだったが、SD10で大きく改良されている。RAW撮影専用だが、6コマ連写できるのはいい。欲を言えば、10コマ以上欲しいところだが、そうするとコストに跳ね返ってしまうだろう。

【写真6】特急列車の通過を連写で写したものの最後の3カット。すべてピントがほぼぴったりである。SD9からの重要な改良点だ
18〜50mmF3.5〜5.6、絞りF5.6、絞り優先AE、ISO100

●逆光とホワイトバランスに問題

 人物撮影は、逆光でレフを使って照明するという基本的な撮影方法なのだが、これが案外ときびしい。望遠ズームを使ったが、AFの精度は良く、ピントがぴったりだった(写真7左)。オートホワイトバランスもちょうどいい。ためしにデーライトにしてみたら、やや黄色がかった(写真7中)。

 ただ、両方ともきれいには写っているのだが、コントラストが物足りない。それはじつは逆光でフレアが起きているせいなのだ。フードはもちろん使っているが、それでもフレアが出ている。ためしに本でレンズ前玉に当たる斜め光をカットしてみたら、段違いにクリアな画像となった(写真7右)。このレンズは逆光にはやや弱いようである。

【写真7】逆光の人物撮影。AFの測距精度は良かったが、フレアのため、左と中央の画像はコントラストが低下。左はデーライトモードで補正過剰。右はハレーションカットを行ない撮影したもので、クリアな描写になった
55〜200mmF4〜5.6、絞りF5.6、絞り優先AE、ISO100

 つぎはタングステン光下でのオートホワイトバランスのチェックだ。オートまかせでもかなり補正されたが、わずかに黄色みが残っている(写真8左)。ただ、白熱電球モードにすると、補正過剰になってしまう(写真8右)。

【写真8】電灯光でのオートホワイトバランスチェック。オートでもかなりいいが、やや黄色みが残る(8左)。しかし、白熱電球モードでは補正過剰だ
18〜50mmF3.5〜5.6、絞りF5.6、絞り優先AE、ISO100

 蛍光灯でもオートとマニュアルの撮り比べをした。オートホワイトバランスでは、やや黄色みが残る(写真9左)。しかし、蛍光灯モードでは補正過剰で、ややマゼンタ色が浮いてしまう(写真9右)。このカメラのホワイトバランスはやや問題がある。

【写真9】電灯光でのオートホワイトバランスチェック。オートでもかなりいいが、やや黄色みが残る(左)。しかし、白熱電球モードでは補正過剰だ
18〜50mmF3.5〜5.6、絞りF5.6、絞り優先AE、ISO100

 つぎに、今回から加えたテストで、ISO感度を変えた場合のノイズの出方を見た。各感度で撮ったが、いちばん低いISO100(写真10左)と通常でいちばん高いISO800(写真10右)を比較してみよう。ISO100ではほとんどノイズがないが、ISO800では横縞ノイズが出てきた。高感度時に現れやすいノイズだ。

【写真10】今回から加えた、常用ISO感度でのノイズの出具合。ISO100(左)ではノイズはほとんどないが、ISO800(右)では横縞の高感度ノイズが出た
18〜50mmF3.5〜5.6、絞りF5.6、絞り優先AE、ISO100

 しかし、ISO1,600に拡張しても、それほど目立ったノイズが出ないのはいい(写真11)。

 標準ズームレンズは遠景でやや甘いが、近距離では非常にシャープである。ちょっと通りがかりに撮っただけだが、非常にいい描写だった(写真12)。

 また、輝度差の大きな被写体を撮ってみた。ダイナミックレンジをチェックするためだ。ハイライト(明るい部分)に露出を合わせたが、シャドー(暗い部分)も完全にはつぶれない。ダイナミックレンジは広いほうである。

【写真11】ISO1,600に感度を拡張しての撮影。この被写体もいつも通りだが、ノイズは目立たない
18〜50mmF3.5〜5.6、絞りF5.6、絞り優先AE、ISO1,600
【写真12】遠距離ではやや測距ミスがあった標準ズームだが、近距離の被写体では非常にシャープである
18〜50mmF3.5〜5.6、絞りF5.6、絞り優先AE、ISO100
【写真13】明暗の差の激しい被写体だが、明るい部分に露出を合わせても、暗い部分が完全にはつぶれない。つまり、ダイナミックレンジが広い
18〜50mmF3.5〜5.6、絞りF5.6、絞り優先AE、ISO100
シグマ Photo Pro

 このカメラはRAW撮影専用で、JPEGですぐに送信するというような用途には向かない。じっくり写真を撮り、じっくりRAW現像をするユーザ向きのカメラだ。現像ソフトのPhoto Proはバージョン2となって、よりRAW展開が早くなり、またオートで現像した場合の彩度も高くなった。メニューもわかりやすい。なお、作例写真はすべてオートモードで現像した。JPEGでの上限になるべく近づけるためだ。

 全体として、シグマSD10はコストパフォーマンスの高いデジタル一眼レフである。細かい点ではいろいろと注文があるものの、ユニークな存在として、これからも発展を続けて欲しいと思う。PCの扱いにある程度慣れないと使いこなせないが、PC Watchの読者ならまったく問題はないだろう。じっくり絵を作り込むには最適なデジタル一眼レフの一台である。

□シグマのホームページ
http://www.sigma-photo.co.jp
□製品情報
http://www.sigma-photo.co.jp/camera/sd_10.html
□関連記事
【2003年10月27日】シグマ、センサー感度が向上した一眼レフデジカメ「SD10」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2003/1027/sigma.htm

■注意■

  • 各記事のサンプル画像の著作権は、那和秀峻に帰属します。無断転用・転載は禁じます。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。

  • 作例画像は、オリジナルのままです。縦位置のものは、サムネールのみ回転していますが、拡大画像はあえて回転せずに掲載しています。

バックナンバー

(2004年2月2日)

[Reported by 那和秀峻 / モデル 岸 真弓]


【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp 個別にご回答することはいたしかねます。

Copyright (c) 2004 Impress Corporation All rights reserved.