最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

ソニー、インターネット経由でTVが見られる新エアボード
〜IEEE 802.11a/b/g対応、PSXなどの遠隔操作も可能

3月12日 発売

標準価格:オープンプライス

連絡先:お客様ご相談センター
     Tel.0570-00-3311
     Tel.03-5448-3311



 ソニーは、インターネット経由で遠隔地からもリアルタイムでTVなどの視聴が可能な携帯型液晶TV「エアボードLF-X1」を3月12日より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は、148,000円前後となる見込み。

●液晶ディスプレイ単体でのインターネット接続に対応

 エアボードは、TVチューナを内蔵するベースステーションと、液晶ディスプレイで構成される無線LAN対応の携帯型TV。

エアボードLF-X1

 今回発表されたLF-X1も従来機同様、無線LANにより、液晶ディスプレイを持ち運んで、家の中の自由な場所でTVが視聴できるが、新たにディスプレイ部にEthernetポートを装備。これにより、液晶ディスプレイだけを家の外に持ち出してインターネットに接続し、自宅のベースステーションにつながる映像ソースをリアルタイムで視聴できるようになった。

 ベースステーションは、映像をMPEG-4で圧縮し、独自のストリーミング技術で液晶ディスプレイに転送する。インターネット経由での視聴の際の画質は、回線の帯域幅に左右されるが、同社では、下限は200kbps程度、推奨は400kbps程度、最大の画質を得るには2Mbps程度が必要としている。

 なお、ベースステーションと液晶ディスプレイは、1対1で機器認証されるようになっているため、自分の液晶ディスプレイを他人のベースステーションに接続することはできない。また、通信は暗号化されている。

 19日に行なわれた製品発表会では、実際に大阪の模様を東京のエアボードに映し出すデモが行なわれた。

 ベースステーションには、TVチューナ入力以外に、2系統のAV入力を装備し、DVDプレーヤーや、ビデオレコーダーなどを接続可能。ベースステーションに接続するAVマウスにより、他のAV機器のチャンネル切り替え/再生/停止/録画などを操作できる。

 液晶はタッチパネルになっており、画面を押すとリモコン画面が表示され、これによりTVやAV機器の操作を行なう。AV機器の操作はインターネット経由でも可能。

本体の右側から出ている水色の線がEthernetケーブル。発表会では大阪の様子がライブでエアボード上に映し出された AVマウスにより、最近のリモコン付きAV機器であれば、ほとんど制御可能。写真はPSXの画面を出し、リアルタイムで操作しているところ 液晶ディスプレイがインターネット対応となったことで、出先でも自宅のTVなどを視聴できる

●より携帯性を意識した新デザイン

液晶ディスプレイは、上部に取っ手が付き、正面はボタン類が廃された

 本体デザインも大きく変更され、ベースステーションは従来の台座のような形から、縦置きのブロードバンドルーターのような形状となり、ベースステーションと液晶ディスプレイはドッキングしない構成となった。これにより、液晶ディスプレイとベースステーションは常に無線LANで通信することとなる。

 液晶ディスプレイは、背面のスタンド部にバッテリを内蔵。バッテリ駆動時間は、2〜3時間前後で、最大輝度表示を続けた場合は100分程度となる。スタンド部にはACアダプタも接続可能。

 サイズおよび重量は、液晶ディスプレイが365×31×240mm(幅×奥行き×高さ)/約2.4kg、ベースステーションが58×180×222mm(同)/約0.55kg。

 従来機からの強化点として、無線LANはIEEE 802.11bから、同802.11a/b/gへと変更。最大15Mbpsでの映像転送が可能となった。またベースステーションは、PCなど他の無線LAN機器のワイヤレスアクセスポイントとしても利用できる。画質面では、3次元Y/C分離回路、斜め線補正回路、動き適応型I/P変換回路を搭載し、高画質化を図った。

 インターネットブラウザも改良されており、iEPG画面を表示しながら、TV映像を子画面表示できるようになった。

 そのほか、映像の1コマを静止画としてキャプチャする機能、キャプチャ画像のメモリースティックへの保存機能、メモリースティックに保存された動画の再生機能(エアボードでの録画は不可)、ベースステーションへのUSBプリンタの接続機能を搭載する。

 インターフェイスは、ベースステーション側に、TV入力、コンポジットビデオ入力×2、Sビデオ入力×1(コンポジットと排他)、音声入力×2、コンポジットビデオ出力×1、音声出力×1、Ethernet、AVマウス、USB×2を、液晶ディスプレイ側に、メモリースティックスロット、ヘッドフォン、AV入力、USB×1を装備。リモコンが付属する。

液晶ディスプレイ左側面。スタンド部に見える黄色のコネクタはACアダプタ用 液晶ディスプレイ背面。スタンド部にバッテリを内蔵 ボタン類は上面に装備。伸縮式スタイラスも収納できる
右側面には、メモリースティックスロット、USB、EthernetとPCで見慣れた端子類が並ぶ ブロードバンドルーター風のデザインとなったベースステーション ベースステーション背面。USBプリンタも接続できる

●7型/5.8型の超小型端末も参考展示

 オプションとして、液晶ディスプレイにワンタッチで取付可能なカラーパネルが発売予定。参考展示されていたパネルには、布地風のものなどもあった。また、浴室で利用するための「お風呂ジャケット」(1万円前後)や、ACアダプタ(5千円前後)、バッテリ(1万5千円前後)も発売される。

 発表会場では、さらに携帯性を推し進めた超小型の端末も参考展示された。展示されたのは7型と5.8型のパネルを採用したもの。サイズも含めて、仕様などはこれから検討するという。

お風呂ジャケット 着せ替え用カラーパネル
参考展示された5.8型の端末。実際の製品ではデザインなどは大きく変更される可能性があるが、展示品は非常に薄型 こちらは7型のモックアップサンプル

□ソニーのホームページ
http://www.sony.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/200401/04-0119/
□関連記事
【1月10日】【CES】QRIOも米国出張、元気な日本メーカー
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/0110/ces09.htm
【2003年2月26日】ソニー、無線LAN液晶TV「エアボード」をマイナーチェンジ(AV)
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20030226/sony.htm
【2001年12月12日】ソニー、無線LANインターネット液晶TV「エアボード」の新型(AV)
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20011212/sony.htm
【200年9月28日】ソニー、無線LAN搭載のインターネット液晶TV「エアボード」
http://www.watch.impress.co.jp/pc/docs/article/20000928/sony.htm

(2004年1月19日)

[Reported by wakasugi@impress.co.jp]


【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
個別にご回答することはいたしかねます。

Copyright (c) 2004 Impress Corporation All rights reserved.