最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

Intel、ノート用低価格CPU「Celeron M」を発表
〜1.30/1.20GHz/超低電圧版800MHzが登場

1月5日(現地時間)発表



 米Intelは5日、ノートPC向けの低価格CPU「Celeron M」を発表した。クロックは1.30GHz、1.20GHzおよび、超低電圧版800MHzが用意。1,000個ロット時のOEM向け価格はそれぞれ134ドル、107ドル、161ドル。すでに量産出荷が開始されている。

 日本国内でも6日付けで発表。価格はそれぞれ、14,540円、11,610円、17,470円。

 Celeron Mは、Pentium M(Banias)のL2キャッシュ(1MB)を512KBに半減させることで低価格化を図ったノート向けCPU。製造プロセスは0.13μm、FSB 400MHz、Intel 855/852GM対応、SSE2対応など、L2キャッシュ以外の主な仕様はPentium Mに準ずる。

 動作電圧および熱設計電力(TDP)は、1.30/1.20GHzが1.356V/24.5W、超低電圧版800MHzが1.004V/7Wで、こちらもPentium Mとほぼ同等。

 なお、1月6日現在のPentium M 1.30GHzのOEM向け価格は209ドル。

 BaniasコアのCeleronは従来より、超低電圧版の800MHzと600MHzが限定的に投入されていたが、今回より独立したブランドが与えられ、表舞台に登場した形だ。

□Intelのホームページ(英文)
http://www.intel.com/
□ニュースリリース(英文)
http://www.intel.com/pressroom/archive/releases/20040105comp.htm
□ニュースリリース(和文)
http://www.intel.co.jp/jp/intel/pr/press2004/040106.htm
□製品情報(英文)
http://www.intel.com/products/notebook/processors/celeron_m/
□関連記事
【2003年3月10日】【Centrino】BaniasことPentium Mの謎にせまる
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2003/0310/cent01.htm
【2003年10月8日】Intel、Pentium Mを最大34%値下げ
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2003/1008/intel.htm

(2004年1月6日)

[Reported by wakasugi@impress.co.jp]


【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
個別にご回答することはいたしかねます。

Copyright (c) 2004 Impress Corporation All rights reserved.