最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

「アップルストア 銀座」がオープン
〜雨天のなか、5,000人を超える行列ができる

11月30日開店



 米Apple Computerの直営店舗「アップルストア 銀座」が30日、開店を迎えた。

 アップルストア 銀座(以下、銀座店)は、同社が全米に展開している72の直営店舗に続いて開店する73番目の店舗であると同時に、海外への初出店ともなる店舗である。店内の様子は、27日に行なわれた関係者向け内覧会の記事にて、詳しく紹介している。

あいにくの雨天となったが、午後にはやや持ち直して傘なしでも歩けるほどに天候も回復。行列は次第に消化されていったが、新たに行列に加わる人も少なくない

 30日は、昨晩から続いたあいにくの雨。しかし、開店直前には銀座中央通りに5,000人を超える開店を待つユーザーの長い行列ができあがった。この行列は、銀座店のある松屋前の交差点から京橋方面へと延び、首都高高架下を超えて地下鉄京橋駅のさらに先まで続いた。雨天のため傘を広げた来客が多かったとはいえ、延々1km弱の行列である。

 もちろん量販店の新規開店時などでこうした行列はお馴染みだが、特筆すべきは今回銀座店で販売される商品に“開店特価品”といった類のものは一切存在しない点だ。既報のとおり先着2,500名の来店者には記念のTシャツがプレゼントされるわけだが、それ以外は、Web上のApple Storeや他店店頭でもまったく同価格あるいはそれ以下で購入できる製品が店内に並んでいるわけである。つまり特価品目当てではなく“アップルによる出店”に重きを置いたユーザーが集まってきているというところが大きな違いだ。誤解を恐れずに言えば、並んでいる人の多くは新店舗の開店というよりはMacworldの開催を待つノリなのである。


店頭には開店を祝う数多くの花が飾られる。入店を待つ行列に加えて、通りがかりに興味深く店内をのぞき込む人も多く、近辺の歩道は終日にわたってごった返した

 10時の開店を前に、店内では開店準備と開店を盛り上げる大きな歓声が聞こえた。そして予定より数分はやく、ジェネラルマネージャーであるSteve Cano氏が店頭に立って先頭集団のひとりひとりと握手を交わしながら来店者を招き入れていった。この際も、店内はあたかもサヨナラホームランを打った松井を迎えるヤンキースベンチのノリで、中央通路に並んだ店員達とハイタッチを交わしながら入店するという演出が行なわれていた。一昨年のニューヨークSOHO店開店の際は拍手と歓声の入店だったが、今回はそれを超える盛り上がりを見せたといっていいだろう。

 シャトル方式のエレベーターの運行もあり、時間をかけて行列が消化されていったが、同時に入店可能な人数に限りがあるため、開店後はショッピングを終えた来客ががある程度退店するたびに数十名を新たに入店させる方式がとられた。開店から3時間余りが経過した午後1時過ぎには、行列は地下鉄京橋駅付近まで消化されたものの、ほぼこのあたりのタイミングで記念Tシャツの配布は規定数に達して終了。それでも入店を待つ行列は午後遅くまで続いていた。

 来店者はWebなどである程度の情報を把握している人が多く、入店後は目的に応じて各フロアに分散していった。初日だけにどのフロアもぎっしり満員だったが、やはり国内の販売店舗としては珍しいプレゼンテーションやワークショップが繰り返し行われる3階のシアターに注目する人が多かったようである。

 開店前後の模様は、写真を中心に紹介する。

開店を待つ先頭付近の様子。28日金曜日の夕方以降ぼちぼちと人が集まりはじめ、29日の朝にははっきりとした行列ができあがったという 先頭に並んでいたDevin Allen君。カリフォルニア州在住だが、40箇所を超えるApple Storeの開店を先頭で並んできたというファン。銀座店の感想は、シンプルな外装がかっこいいとのこと 開店1時間前の午前9時には、行列は京橋付近の首都高高架下を超えた。この位置からは、店舗ははるか遠くにあって見えない
いよいよ開店。先頭グループのひとりひとりと握手をして店内へと迎え入れる銀座店のジェネラルマネージャ、Steve Cano氏 入店は拍手と歓声、そしてハイタッチで行なわれた。客も店員も一緒に楽しむアメリカナイズされた演出だ< 2階フロアから見た開店直後の様子。入り口から正面エレベーターに向かって、スタッフによる歓迎の列ができあがっている
開店の模様を17型のPowerBook G4とiChat AVで本国へと伝えるApple Computerのスタッフ 3階のシアターフロア、記念すべき最初のステージはiPhotoを中心とした「デジタルフォトワークショップ」。全84席が開店直後に満席となった 4階にあるインターネットカフェのiMacにはすべてiSightが接続されている。なかには早速友人とのビデオチャットに挑戦する人も
米国の店舗同様にキャッシャーはすべてiMac。レジ自体が販売している製品と同じだけに、最初はレジがいったいどこなのか戸惑う人もいる キッズコーナーには「ファインディング・ニモ」のソフトが用意されていた ジニアス・バー(GENIUS BAR)もフル回転。初日だけに熱心なユーザーも多く、スタッフも一生懸命に対応している
来店者先着2,500名には、化粧箱に入った記念のTシャツがプレゼントされた 銀座店の開店記念Tシャツは黒地のシンプルなデザイン 胸にGINZAの文字と、裾には開店日を表す「301103」のタグが付いている

□アップルコンピュータのホームページ
http://www.apple.co.jp/
□アップルストア銀座のホームページ
http://www.apple.co.jp/retail/ginza/
□関連記事
【11月27日】アップルストア銀座が報道関係者向け内覧会を実施
〜スティーブ・ジョブズCEO来店。2004年秋には大阪にも出店予定
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2003/1127/apple.htm
【11月5日】アップル直営店舗「アップルストア銀座店」、11月30日開店
〜松屋銀座向かい、中央通り沿い
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2003/1105/apple.htm

(2003年12月1日)

[Reported by 矢作 晃]


【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
個別にご回答することはいたしかねます。

Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.