最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

シグマ、センサー感度が向上した一眼レフデジカメ「SD10」
〜デジタル専用ズーム2本も同時発売

SD10

11月14日 発売

標準価格:オープンプライス

連絡先:カスタマーサービス部
     Tel.03-3480-2301



背面

 株式会社シグマは、一眼レフデジタルカメラ「SD10」を11月14日に発売する。価格はオープンプライス。

  RGB全色を1つのピクセルで取り込むことができる「Foveon X3イメージセンサー」を搭載した一眼レフシリーズの第二弾。イメージセンサー関係の画質と感度が向上しており、ISO感度は標準で800相当が、拡張モードで1,600相当が設定できるようになった。

 また、バッテリ関連の仕様が変更され、従来はカメラ本体のグリップ部とボディ底面の2つ必要だったものが、ボディ底面のみとなった。これに伴いグリップ部が小さく握りやすい形状に変更されている。

 感度以外のセンサー関連のスペックは従来通りで、記録画素数は2,268×1,512(HI)/1,512×1,008(MED)/1,134×756(LOW)ピクセル。Foveonセンサーの大きさは20.7×13.8mmで、焦点距離は35mmカメラ換算でレンズ表記の約1.7倍となる。レンズマウントはシグマSAバヨネットマウント。

 記録媒体は従来どおり、CF Type2でMicrodriveにも対応する。データフォーマットはRAWのみ。PCとのインターフェイスはIEEE 1394とUSB 1.1。付属のユーティリティソフトウェアもバージョンアップされ、「Photo Pro 2.0」となった。

 バッテリはCR-V3リチウム2本、単三型ニッケル水素4本、単三型ニッケル電池4本のいずれか。本体サイズは152×79×120mm(幅×奥行き×高さ)、重量は785g(電池除く)。

「18-50mm F3.5-5.6 DC」 「55-200mm F4-5.6 DC」

 また、デジタル専用の交換レンズ2機種も同時発売される。

 「18-50mm F3.5-5.6 DC」は20,000円、「55-200mm F4-5.6 DC」は25,000円。いずれもイメージサークルをデジタル専用に小さくすることで、小型軽量化を果たした。マウントはシグマSAバヨネットマウントだが、銀塩一眼レフには使用できず、SD9/SD10専用となる。

 SD10本体とレンズとのセットも用意される。「18-50mm F3.5-5.6 DC」のみ付属の「SD10 IMAGING KIT」、「18-50mm F3.5-5.6 DC」と「55-200mm F4-5.6 DC」が両方付属する「SD10 DIGITAL TWIN ZOOM KIT」の2種類で、いずれもオープンプライス。

□シグマのホームページ
http://www.sigma-photo.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.sigma-photo.co.jp/news/sd10.html
□関連記事
【2002年9月25日】シグマ、20万円の一眼レフデジタルカメラ「SD9」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2002/0925/sigma.htm

(2003年10月27日)

[Reported by date@impress.co.jp]


【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
個別にご回答することはいたしかねます。

Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.