最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

MagicstorのCF型2.2GB 1インチHDDを試す
〜Microdriveと互角の性能でコストパフォーマンスは勝る

1022C


 まもなく国内での正式販売が開始される見込みの中国GS Magcstor製2.2/2.4GB 1インチHDDは、Type2 CFに準拠し、いわば容量2倍のMicrodriveとでもいうべきシロモノ。秋葉原では8月末から並行輸入品が出回り始めているが、編集部でも製品を入手したので、その性能のほどを調べてみたい。

 今回用意したのは、容量2.2GBの「1022C」。ドライブの回転速度は4,200rpmで、実効外部転送速度は3.3〜6.5MB/secとされている。なお、2.2GBと2.4GBの違いはフォーマット形式で、2.2GBはFAT16、2.4GBはFAT32でフォーマットされている。そのため、FAT32に対応しない機器では2.4GBの製品は利用できない。

 ベンチマークテストではインターフェイスとして、飛鳥の32bit対応PCカードアダプタ「CF32A」、TDK製のUSB2.0接続カードリーダ、16bit PCカードアダプタの3製品を使用している。比較対象には、IBMの1GB MicrodriveとLexerの40倍速512MB CFを用意。HDBENCH Ver3.30で3回ずつ計測し、その平均値を求めた。

1GB Microdrive 40倍速CF

【ベンチマーク結果】
Magicstor 1022C CF32A(CardBus) USB 2.0 16bit PCカード
HDBENCH Read 4,291KB/sec 2,589KB/sec 1,323KB/sec
HDBENCH Write 2,271KB/sec 2,166KB/sec 1,200KB/sec
HDBENCH Copy 615KB/sec 600KB/sec 507KB/sec
MicrodriveCF32A(CardBus)USB 2.016bit PCカード
HDBENCH Read4,374KB/sec2,501KB/sec1,416KB/sec
HDBENCH Write1,930KB/sec1,924KB/sec1,282KB/sec
HDBENCH Copy516KB/sec459KB/sec457KB/sec
Lexer 40倍速CF CF32A(CardBus) USB 2.0 16bit PCカード
HDBENCH Read 5,890KB/sec 3,380KB/sec 1,259KB/sec
HDBENCH Write 2,569KB/sec 2,676KB/sec 1,209KB/sec
HDBENCH Copy 441KB/sec 416KB/sec 353KB/sec

 結果を見てみると「CF32A」を利用した場合で、1022Cの読み込みは4.29MB/sec、書き込みは2.27MB/secとなり、メーカー公表値の範囲に収まる結果になった。Microdriveは、読み込みが4.37MB/sec、書き込みが1.93MB/secで、読み込みはMicrodriveが、書き込みは1022Cが若干高速という結果が出た。

 40倍速CFは、読み込みが5.89MB/secで、書き込みが2.56MB/secと、読み込み、書き込みとも最も高速だった。ただし、ファイルコピーにおいては1022CがCFよりも高い結果を出している。

 USB 2.0接続のカードリーダでは、1022Cが読み込み2.58MB/sec、書き込み2.16MB/sec、ファイルコピー0.6MB/sec。Microdriveが読み込み2.5MB/sec、書き込み1.92MB/sec、ファイルコピーが0.45KB/sec。CFが読み込み3.38MB/sec、書き込み2.67MB/sec、ファイルコピー0.41MB/secとなり、CF32Aでの計測の場合と同等の傾向が表われている。

 16bitのPCカードアダプタではメディアの性能以前にアダプタのコントローラ性能がボトルネックになってしまっており、ほとんど結果に差が出なかった。

 このように、1022Cは性能面ではMicrodriveに拮抗する形となっている。しかし、容量・価格面でいうと、1022Cは2.2GBの容量で8月末時点での店頭価格は26,000〜30,000円前後、Microdriveは1GBの容量で22,000円前後となっており、容量あたりの単価は1022Cが勝る。

 1022Cの用途としてはデジタルカメラでの利用がもっとも多いと思われ、その互換性が気になるところだが、GS Magicstorでは同社ホームページで検証リストを公開している。

 これによると、キヤノン「PowerShot G3/G5/S40/S45/S50/EOS D60」、富士写真フイルム「FinePix M603/S602」、ニコン「COOLPIX 4500/5000/5700」、オリンパス「C-5050ZOOM」、コニカミノルタ「DiMAGE 7Hi/A1」、ペンタックス「*istD」などで動作を確認しているという。

【お詫びと訂正】記事初出時、互換性リストにEOS Kiss Digitalが掲載されていると記述しましたが、正しくは、掲載されていませんでした。お詫びして訂正させていただきます。なお、互換性リストのURLが記事初出時から変更されています。

 なお、ここに挙がっている以外に、同社によればキヤノン「EOS 10D」が対応製品となっているが、ニコン「D100」とオリンパス「E-20N」は非対応となっている。

 ちなみに、CF Type2となっているため、「IXY Digital 400」や「COOLPIX 3100/2100/SQ」など一部のコンパクトデジタルカメラでは使用できないので注意が必要だ。

 なお、高速なメディアに関してはおしなべて言えることだが、16bitクラスのPCカードアダプタではそのポテンシャルを十分に引き出すことができない。せっかく購入したメディアを活かすためにも、読み込むデバイスの選択にも注意を払った方がよさそうだ。

□GS Magicstorのホームページ(英文)
http://www.gs-magicstor.com/
□デジタルカメラ互換性リスト(英文)
http://www.gs-magicstor.com/english/support/support_d.htm
□関連記事
【10月6日】GS Magicstor、4.8GB/1インチHDD CFを発表
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2003/1006/gsm.htm
【8月30日】2.2GBのCFサイズHDDが発売、Magicstor製で約26,000円(AKIBA)
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20030830/etc.html#cf22gb

(2003年10月20日)

[Reported by 伊藤大地]


【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
個別にご回答することはいたしかねます。

Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.