最新ニュース
【11月30日】
【11月29日】
【11月28日】

【Watch記事検索】

IBM、数百万ユーザーをカバーするPS2オンラインゲーム用Gridを稼働

2月27日(現地時間) 発表


 米IBM米Butterfly.netは27日(現地時間)、株式会社ソニー・コンピュータ・エンタテインメントとプレイステーション 2向けのツールとミドルウェアに関する契約を締結したと発表した。

 この契約により、IBMとButterfly.netは、プレイステーション 2向けネットワークゲーム環境「Butterfly Grid」を稼働開始する。

 Butterfly GridはIBMが開発したGridシステム。デュアルXeonを搭載したLinuxブレードサーバー「BladeCenter」で構成され、OGSA(Open Grid Services Architecture)を採用している。

 従来のオンラインゲームサーバーは複数に分かれていたため、一緒にプレイできるプレイヤー数が制限されたり、サーバーメンテナンスでゲームを一時中断する必要があった。

 Butterfly Gridは、特定のサーバー上の接続プレイヤー数が多すぎると判断すると、処理能力に空きのあるブレードを自動的に再構成して、プレイヤーをそのブレードにシームレスに転送できる。

 パッチのインストールやサーバーの追加・入れ替えなどサーバーのメンテナンス作業もユーザーから見えないところでシームレスに実行し、システムを停止する必要がないという。

 このような機能により、IBMでは、Butterfly Grid上で100万以上の同時プレイヤー接続をサポートできるとしている。

 また、開発者はButterfly Grid上で直接ゲームを開発できるようになっており、ゲームがオンライン上で常に最高のパフォーマンスで利用できるかどうかを確認できる。

 さらに、Butterfly Gridはゲーム以外のネットワークサービスにも拡張できるよう設計されており、音声通話などにも対応できるほか、複数のゲームやネットワークサービスを1回のサインオンで利用できるシングルサインオンにも対応する。

 Butterfly Gridの運営はButterfly.netが行なっており、開発者は同社ホームページで登録することで開発キットや同Gridを利用できるようになる。

 Butterfly Gridは、来週より米国サンノゼで開催されるGame Developer's Conferenceで公開される予定。

□IBMのホームページ(英文)
http://www.ibm.com/
□ニュースリリース(英文)
http://www-916.ibm.com/press/prnews.nsf/jan/DB45BFB250FCA73785256CDA00632832
□ニュースリリース(和文)
http://www.ibm.com/news/jp/2003/02/02281.html
□Butterfly.netのホームページ(英文)
http://www.butterfly.net/
□ニュースリリース(英文)
http://www.butterfly.net/buzz/releases/index.html
□ソニー・コンピュータ・エンタテインメントのホームページ
(2月28日現在、この件に関する情報は掲載されていない)
http://www.scei.co.jp/
□関連記事
【2月26日】日本IBM、プライベートセミナーでCentrino搭載ThinkPadなど公表
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2003/0226/ibm.htm

(2003年2月28日)

[Reported by wakasugi@impress.co.jp]


【PC Watchホームページ】


PC Watch編集部 pc-watch-info@impress.co.jp
個別にご回答することはいたしかねます。

Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.