ニュース

ロジテック、例のHDDクラッシャーを直販サイトで販売

〜日東造機「CrushBox」シリーズ

日本方式の物理破壊基準に対応した「HDB-15」

 ロジテックINAソリューションズ株式会社は、直販サイトのロジテックダイレクトにて、世界20カ国で使われていると言う日東造機製のHDD破壊装置「CrushBox」シリーズ3製品を7月下旬より発売する。

 CrushBoxは紹介イラストのインパクトで話題となり、弊誌の取材記事でも取り上げた主にHDDを破壊するための専用装置。

 今回販売するのは日本方式の物理破壊基準に対応した「HDB-15」と「HDB-15ZW」、そしてアメリカ式の物理破壊基準に対応した「HDB-20V」。

 HDB-15にはCD/DVD/BDといった光学メディアや携帯電話などを破壊するためのアタッチメントが付属し、HDB-15ZWはアタッチメントなしでHDDのみを破壊できる。税別直販価格は順に198,000円、180,000円。

 アメリカ式破壊対応のHDB-20Vは、V字型に折り曲げた後に、M字型に圧迫して破壊する機構になっており、アメリカ国防総省や国家安全保障局の物理破壊基準に準拠。HDDの廃棄に、よりシビアなセキュリティを求めるユーザー向けと言う。税別直販価格は250,000円。

 それぞれ手動油圧式の機構を採用し、大きな力を必要とせずに記憶装置を物理的に破壊できる。作業時間は1台の3.5インチHDDにつき約20秒。消耗品等がなく、ランニングコストがかからないのも特徴。

 HDB-15/HDB-15ZWの本体サイズは、320×175×235mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は10.5kg。

 HDB-20Vの本体サイズは、380×180×240mm(同)で、重量は12kgとなる。

アメリカ方式の物理破壊基準に対応した「HDB-20V」

(中村 真司)