ニュース

FRONTIER、大型ヒートシンク搭載のスティック型PC

〜ヒートパイプとの組み合わせで冷却強化

Palm Stick PS01H

 インバースネット株式会社は、FRONTIER PCブランドのスティック型PC「Palm Stick PS01H」を発売した。価格は税別17,000円。製品の出荷は5月11日からとなる。

 本体サイズは104×37.6×14mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は約70g。内部に大型ヒートシンクを搭載しているため、既存のスティック型PCよりも若干重量がある。ヒートシンクには熱移動のための極太ヒートパイプが連結されており、これによりファンレス状態での長時間動作を可能にしたと言う。

本体内部のヒートシンク

 主な仕様は、CPUがAtom Z3735F(1.33GHz)、メモリ2GB、ストレージ32GB、OSがWindows 8.1 with Bing 32bit。出力可能な最大解像度は1,920×1,080ドット。

 インターフェイスは、microSDカードスロット、IEEE 802.11b/g/n無線LAN、Bluetooth 4.0+LE、USB 2.0、HDMI出力を装備。また、充電用のMicro USBポートを備える。付属品として、専用の電源用USBケーブルやHDMI延長ケーブルなどが同梱されている。

左側面
右側面
HDMI端子側
接続イメージ

(中村 真司)