ニュース

SSDの寿命を延ばすフリーソフトが登場

〜Windowsの設定変更をアシスト

 有限会社電机本舗は8日、SSD向けのシステムドライブ設定最適化ソフト「SSD最適化設定 Ver2.1」の無料配布を開始した。

 WindowsのシステムにSSDを使用しているエントリーユーザーに向けた設定最適化ソフト。SSDのNAND型フラッシュメモリにおける書き換え回数上限に着目し、Windowsが標準で搭載している機能のうち、SSDへの書き込み頻度が高い、あるいは書き込み容量が大きい設定を簡単に無効にすることで、SSDの寿命を延ばし、容量の節約を図ることを目的としている。Windowsの標準設定時と比べて3倍の長寿命化と、数十%の容量節減を謳う。

 同社によれば、WindowsではSSDよりも容量に余裕のあるHDDを前提とした標準設定が採用されており、知らずにSSDで同じ設定を使っていると、フラッシュメモリの書き換え回数が増えてSSDの寿命が縮むとともに、ストレージ容量を浪費するという。

 具体的な設定項目は、休止(ハイバネーション)設定やプリフェッチ/スーパーフェッチの無効化、復元ポイントやデフラグ設定の最適化、Trimコマンドの有効化、LPM(Link Power Management)対応のチェックと変更など。

 対応OSはWindows XP/VISTA/7/8/8.1。このうちXPは32bitのみ対応し、そのほかのOSは64bitと32bitの両方に対応する。使用容量は約10MB。512MB以上の空きメモリが必要。

【お詫びと訂正】初出時、メーカー名を誤っておりました。お詫びして訂正いたします。

(関根 慎一)