エレコム、世界初のNFCを使ったAndroid用モバイルキーボード
〜充電不要で約18カ月動作

「TK-FNS040BK」

8月下旬 発売
価格:18,690円



 エレコム株式会社は、世界初となるNFCを使ったAndroid用モバイルキーボード「TK-FNS040BK」を8月下旬に発売する。価格は18,690円。

 無線通信の国際規格であるNFC IP-1(ISO/IEC 18092)に準拠するキーボード。ノルウェーのOne2Touchが開発した技術を元に、2社で共同開発。NFCは、FeliCaのようにタッチして情報を読み取ることに使われることが多いが、本製品は打鍵情報をNFCを通じてスマートフォンへ送信する。

 本体は、中央がスマートフォンを置く場所になり、その左右に計45のキーを配置。外殻はシリコン製で、持ち運ぶときは三つ折りにできる。初回利用時のみ、ドライバに相当するアプリと、専用版ATOKをGoogle Playからダウンロードする必要があるが、ペアリングは不要で、2回目以降は本製品にスマートフォンを置くだけで利用できる。

 電源はコイン型二酸化マンガンリチウム電池で、1日8時間の使用で、約18カ月使える。なお、電池の交換はできない。

 現時点での対応スマートフォンは、GALAXY Nexus、同Note、同SII WiMAX、ISW16SH。10月頃にアプリのバージョンアップが予定されており、これにより、NFCに加え、FeliCaにも対応予定。

 キーピッチは15mm、キーストロークは1mm。本体サイズは341×65×8.6mm(幅×奥行き×高さ、使用時)、重量は約146g。持ち運び用の収納ケースが付属する。

利用イメージ 本体は三つ折りできる 収納ケースが付属

(2012年 8月 7日)

[Reported by 若杉 紀彦]