キングジム、ポメラの機動戦士ガンダムコラボ製品
〜シャア、ランバ・ラル、ジオン軍タイプの3モデル

ポメラDM11G

12月10日 発売
価格:39,900円



 株式会社キングジムは、クラムシェル型デジタルメモ端末「ポメラ」シリーズに、「機動戦士ガンダム」とのコラボ製品となる「DM11G」3モデルを追加し、12月10日より発売する。価格は39,900円。

 初代ポメラである「DM10」をベースに、ガンダムをモチーフとした意匠を凝らした製品。赤を基調とした「シャア・アズナブル モデル」、青を基調とした「ランバ・ラル モデル」、黒を基調とした「ジオン軍モデル」の3タイプが用意される。

 いずれ天板部分のデザインが、各モビルスーツをイメージしたものになっているほか、キーボードを含む筐体全体の配色、キーボード刻印のフォント、パッケージも異なる。

シャア・アズナブルモデル ランバ・ラルモデル ジオン軍モデル

 共通の特徴として、起動時にファーストガンダム全43話のタイトル画面が順番に表示。終了時にも、モビルスーツや戦艦などの画像のほか、シャアなら「坊やだからさ」、ランバラルなら「いい目をしているな」、ジオン軍なら「謀ったな。シャア!!」などと、モデル毎に独自の名シーンが表示される。さらに、ガンダムに登場する、人物、機体、武器、地名など固有名詞約800語を辞書に収録している。日本語入力システムはATOK。

【お詫びと訂正】初出時に、固有名詞数を約1,400語としておりましたが、正しくは約800語となります。お詫びして訂正させていただきます。

起動するたびに、ファーストガンダムのタイトルが順番に表示 シャア・アズナブルモデルの終了時の画面の1つ
こちらはランバ・ラルモデル ジオン軍モデル

 基本的なハードウェア構成はDM10を踏襲するが、変更点として、エネループへの対応、SDHCへの対応などが図られた。また、機能面でも、1ファイルの最大文字数が28,000文字、メモリサイズが89MB、ファイル検索機能、フォルダ検索機能、ソート機能、QRコード表示機能など、上位モデルである「DM20」に近い強化がなされている。液晶は640×480ドット表示の4型モノクロTFT。インターフェイスはmicroSDとUSB。対応OSは、Windows XP/Vista/7。

 本体サイズは、147×104×28〜32mm(幅×奥行き×高さ、モデルによって異なる)で、使用時はキーボードの幅が約252mmになる。重量は約340g(ランバ・ラルモデルのみ約350g)。電源は単4形アルカリ乾電池かエネループ×2で、電池寿命はそれぞれ20時間、15時間。モデル毎の配色に応じたポーチが付属する。

(c)創通・サンライズ

(2010年 10月 21日)

[Reported by 若杉 紀彦]