.biz

PC Watch .bizでは、法人向けの製品やサービスを取り上げます。

VAIOのWindows 10スマホ「VAIO Phone Biz」が登場

〜“安曇野FINISH”のアルミ削り出し筐体、5.5型フルHD液晶、Continuumをサポート

「VAIO Phone Biz」

 VAIO株式会社は4日、Windows 10 Mobileを搭載した5.5型のSIMロックフリースマートフォン「VAIO Phone Biz」を発表した。価格はオープンプライスで、税別店頭予想価格は5万円台の見込み。

 発売は4月を予定しており、VAIOストアや量販店などを通して販売するほか、MVNO各社とSIMをセットにした販売も行なわれる。現時点ではBIGLOBEと楽天モバイルによる展開が判明している。

 製品名が示す通り、ビジネス用途での使い勝手を重視したスマートフォンで、Office Mobileをプリインストール。SoCにはオクタコアのSnapdragon 617、メモリ3GBを実装し、Continuumをサポートする。また、国内で発売されているほかのWindows 10 Mobile搭載スマートフォンよりも高解像度なフルHD(1,080×1,920ドット)を採用しているのも特徴。

 筐体のデザインはVAIO Z Canvasをベースに設計されており、本体背面は一部を除きアルミ削り出しのフルメタルで、表面にブラスト加工処理を施し、ツヤ消し仕上げで作られている。一方、前面のディスプレイは強化ガラスを採用し、表面/裏面ともに耐久性を高めた。VAIO Phone Bizは長野県安曇野工場で全数検査されており、VAIOは“安曇野FINISH”によるVAIO PC同様の品質の高さをウリの1つとしている。

剛性の高いアルミ削り出し筐体で、本体色はシルバーを用意
「VAIO」のロゴは、レーザーエッチングにより彫り込まれている
アルミ削り出しによる筐体作成の工程

 VAIO Phone Bizは、VAIOがWindows PCのメーカーという強みを活かし、PCとの連携に重きを置いて設計されている。その最たるものとして挙げられるのが「Continuum」のサポートだ。

 ContinuumはWindows 10 Mobileを搭載したスマートフォンを外部ディスプレイに繋ぎ、キーボード/マウスを接続することで、外部ディスプレイにデスクトップ版のWindows 10と同じUIを構築し、PCとしての操作を可能にするというもの。Continuum時はVAIO Phone Bizの画面が切り替わり、タッチパッドとして利用できるが、スマートフォンモードに移行して電話をかけたりすることもできる。

 Continuumの利用方法には、ディスプレイに有線で繋ぐやり方と無線でMiracastするやり方があるが、VAIO Phone Bizでは後者のみに対応。そのため、別途ワイヤレスディスプレイアダプタが必須となり、VAIOでは2月11日に1万円ほどで販売されるActiontec製の「ScreenBeam Mini2 Continuum」を推奨している。無線のみの対応とした理由についてVAIOは、有線ではContinuum時に電話操作がしづらいことなどを挙げている。

ContinuumでVAIO Phone BizをデスクトップPCのように利用できる
Continuum時はタッチパッドとしても動作する
VAIOが推奨しているワイヤレスディスプレイアダプタ「ScreenBeam Mini2 Continuum」

 前述の通り、SIMロックフリーのスマートフォンとなっており、通信方式にはLTEのバンド1/3/8/19/21と、WCDMAの1/6/8/11/19を採用。ドコモとソフトバンクの主要な通信帯をサポートする。

 ドコモバンドではキャリアアグリケーションに対応し、バンド1と19、1と21、3と19のいずれかを利用した高速通信が可能。現状では利用可能地域は限られるが、最大225Mbpsの通信帯域を得ることができる。現在ドコモと相互接続性試験を実施しており、安定して使用できることを訴求する。

 SIMカードスロットは基本的にMicro SIMのみとしているが、サポート対象外ながらNano SIMスロットも用意されている。ただ、こちらはmicroSDカードと排他となり、両スロットにSIMカードを挿した場合、一方はGSMで動作するため、両方ともLTEで使うことはできない。

Micro SIMスロットとNano SIMスロット。Nano SIMスロットとmicroSDカードスロットは排他

 主な仕様は、SoCがQualcom Snapdragon 617(8コア、1.5GHz+1.2GHz)、メモリ3GB、内蔵ストレージ16GB、5.5型フルHD(1,080×1,920ドット)液晶ディスプレイを搭載。

 インターフェイスは、IEEE 802.11a/b/g/n/ac無線LAN、Bluetooth 4.0、Micro USB 2.0、microSDカードスロット、Micro SIMスロット、Nano SIM(動作サポート外)、500万画素前面/1,300万画素背面カメラ、音声入出力などを装備。

 本体サイズは約77×156.1×8.3mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約167g。バッテリ容量は2,800mAhとなっている。

正面
背面
右向き時
左向き時
左側面
右側面
上面
底面
利用イメージ

(中村 真司)