エプソン、USB対応214万画素デジタルカメラ「CP-800」

'99年 5月下旬発売

標準価格:99,800円

連絡先:エプソン購入ガイド・インフォメーション
    Tel.042-585-8444


 セイコーエプソン株式会社は、1/2インチ214万画素CCDを搭載したUSB対応デジタルカメラ「CP-800」を、5月下旬から99,800円で発売する。

 CP-800は、本体に専用コネクタを搭載し、付属のケーブルを使用することでUSB接続できるのが特徴。Windows 98のほか、iMacや新G3 Macintoshにも対応する。USBを使用することで、精細モード(1,600×1,200ピクセル、標準圧縮)1枚が約3秒という高速転送を実現した。また、専用コネクタはシリアルインターフェイスも兼ねており、オプションのケーブル(3,000円)を使用してシリアル接続もできる。

 筐体デザインは一新され、アルミ合金を使用した真四角に近い形となった。外形寸法は113×35.5×67.5mm(幅×奥行き×高さ)、重量235gとコンパクトにまとまっている。ズームはデジタルズームのみで単焦点レンズだが、F=2.4の明るいレンズが搭載されている。

 画像品質は1,600×1,200ピクセル低圧縮「高精細」、1,600×1,200ピクセル標準圧縮「精細」、640×480ピクセル「標準」の3つのモードのほか、同社独自のソフトウェア拡大処理「Hypict」を使用した1,984×1,488ピクセルの「ハイパーモード」も用意されている。また、音声メモ機能を備えており、画像に最長10秒のコメントをつけることもできる。なお、音声はWAVE形式で記録される。

 撮影モードは全て自動設定の「フルオート」、スポーツやポートレートなど撮影シーンに合わせた設定がプリセットされている「プログラム」、手動で設定できる「マニュアル撮影」の3モードが用意されている。特にマニュアル撮影モードでは、コンシューマ向けのデジタルカメラとしてはかなり細かく設定できる。マニュアルフォーカスや、ホワイトバランスを任意に設定したり、露出補正を0.2EV単位で-2.0〜+2.0EVの範囲で変更でき、ISOを100/200/400から選べるほか、シャッター速度を1/2〜1/750秒まで64段階で切り替えることなどが可能だ。

 操作系は一新され、LCDの周りに配置された7つのボタンを使用して、場面に応じた機能を1ボタンで設定できる。

 バッテリは、単3型の充電式ニッケル水素電池を2本使用し、液晶使用時に約100枚、ファインダ使用時には約850枚撮影できる。なお、製品パッケージにはニッケル水素電池4本と充電器が同梱されている。

【画像品質と撮影記録枚数、処理時間】
画像設定撮影可能枚数
(8MB CF使用時)
処理時間
標準120枚2.0秒
精細24枚2.6秒
高精細12枚3.2秒
HYPER10枚12秒

【主な仕様】
CCD1/2インチ214万画素CCD(有効206万画素)
ファイルシステムDCF準拠、DPOF対応
レンズF=2.4 f=7mm(35mmフィルム換算38mm相当)
撮影距離50cm〜∞(マクロ時:15cm〜50cm)
音声メモ機能なし/3秒/5秒/10秒
液晶モニタ1.8インチ低温ポリシコンTFTカラー液晶

□セイコーエプソンのホームページ
http://www.epson.co.jp/
□製品情報
http://www.i-love-epson.co.jp/products/category/camera/index.htm

('99年4月15日)

[Reported by furukawa@impress.co.jp]


【PC Watchホームページ】


ウォッチ編集部内PC Watch担当 pc-watch-info@impress.co.jp